【適応障害⑬】10代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/10月~X年/11月の35日間
  • 主訴:集中力低下、意欲低下
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBS(1,200発/回)30回

これまでの経過

集中力低下や意欲低下、気分の落ち込みがあり、なるべく早く症状を改善したいとのことでTMS治療を希望されました。

精神科の受診歴はない方です。

TMS治療経過

適応障害⑬の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、気分の変化はまだありませんでした。

TMS20回終了時に、ご本人は「調子に変わりはない。」とのことでしたが、ご両親からは「倦怠感は変わらないようだが、表情は前より良さそうにみえる。」と改善が見える様子を伺えました。
TMS30回終了時は、「調子良くなってきた。勉強もできるようになった。」と、ご本人から主訴の改善が認められました。

30回終了後は本人からの希望もあり、維持治療へ移行となりました。

症例のまとめ

治療前半には効果を実感されませんでしたが、根気強く通って頂き、20回超えた頃に少しずつ症状の改善がみられた症例となりました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年10月10日