【適応障害⑭】30代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/3月~X年/5月の52日間
  • 主訴:気分の抑圧
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:特別プランiTBS(600発/回)を30回

これまでの経過

1年前から、他院の精神科に通院している患者様です。

薬物療法を行っていますが症状改善せず、当院を受診し、TMS治療を希望されました。

サインバルタ(抗うつ薬)、アリピプラゾール(抗精神病薬)、ミルタザピン(抗うつ薬)、ラツーダ(抗精神病薬)を内服されていました。

TMS治療経過

適応障害⑭の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、特別プランrTMS(600発/回)を30回行いました。

TMS12回終了時は、「自分では気分の変化はないが、妻から表情が明るくなったと言われた」と傍から見たら顕著に効果は現れていました。

TMS30回終了時は、「ちょっと良くなったと思う。落ちこみは減った。睡眠、食欲共にとれている。」と表情も明るくなり、主訴の改善が認められました。

30回目の治療終了後には、笑顔が見られ、スタッフ共に治療効果を実感できました。

ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

十分量の抗うつ剤を内服した上でも改善が乏しく、治療抵抗性うつ病として特別プランrTMS(600発/回)を30回行いました。

20回目以降からは、ご本人様も効果を徐々に感じられ始め、とても明るい表情になりました。

治療抵抗性うつ病の治療選択肢として、TMS治療は有効な治療選択肢であると感じさせられた症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年10月10日