【適応障害⑱】40代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/5月~X年/6月の35日間
  • 主訴:抑うつ状態、不安、イライラ感
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、不安状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS30回 (1日2回のaTBS)

これまでの経過

心療内科の受診歴はなく、はじめてrTMS療法のご相談で来院されました。

ここ4~5年にわたり抑うつ状態が認められ、集中力低下、思考力低下が明らかで、不安感やイライラ感が消長していました。

通常の薬物療法をすすめましたが、本人の希望によりrTMS療法を行っていくことになりました。

TMS治療経過

適応障害⑱の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態が消長しているため、うつ病の改善を目指して1日2回のaTBSを30回行いました。

10回目終了時には、「イライラ感はあるが強くなった感じはしない」と副作用等の変化はありませんでした。

20回目終了時には、「朝起きた時にすっきりする日もある」と、多少効果はあるものの大きい変化はありませんでした。

しかし30回目終了時には、「色んな事が思い出せるようになった。人の話を理解できるようになった。

特に28回目ぐらいから体感できるようになった。仕事でのコミュニケーションもうまくいくようになった」と、効果を実感されていました。

効果のピークが遅めなことを考慮し、さらに5-10回連続で治療することになりました。反復エピソードも疑われたため、維持療法へ移行しています。

症例のまとめ

効果の実感が20回目以降と遅い方もいるので、状態によっては30回まで続けることも必要になることがあります。

20回を目安に治療効果の判定をすることが多いですが、効果が期待しやすい患者様に対しては、30回の治療継続も検討したほうが良いと学ばされた症例でした。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日