044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

【社交不安障害④】30歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年7月~X年8月の37日間
  • 主訴:言葉が出てこない。相手の言葉が理解できない。
  • TMS治療の目的:不安・集中力低下・抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBS(1,200発/回) 30回

これまでの経過

社交不安障害より抑うつ状態を呈していましたが、未治療で来られていた方になります。

薬物療法などもご案内させていただきましたが、短期間での治療をご希望のため、rTMS療法を行っていくことになりました。

TMS治療経過

社交不安障害④の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、1日1回治療と2回治療の組み合わせで、倍量iTBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時には、「数回で頭がすっきりした。重さが取れた感じ。集中力も少し出てきた。相手の言葉も理解できるようになってきた。」と効果を実感されていました。

TMS20回終了時は、「調子悪くないと思う。維持できている。寝つきが良くなり、意欲も出てきた。」とのことでした。

TMS30回終了時は、「落ち込みや不安は軽くなった。疲れにくくなった。自分を責めることも減った。」と、気分の改善が認められました。

しばらく様子見したいとのことで、ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

これまで未治療でしたが、rTMS療法により抑うつ状態が改善し、それとともに社交不安も軽減が認められました。

治療期間が短く社会的損失を少なくできた点を鑑みれば、薬物療法よりもrTMS療法の方が、機会損失の観点でリーズナブルに感じられた症例でした。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年12月25日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -