044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

HSPにTMS治療は有効?

HSPにTMS治療は有効? 近年、認知度が高まっている「HSP」。 書籍やテレビなどで取り上げられる機会が増え、最近ではインターネット上でのHSP診断も広まりつつあります。 「自分は繊細だから、HSPである」とご自身で判 […]

続きを読む

投稿日:2021年5月2日

非侵襲的脳神経刺激による倦怠感の治療

非侵襲的脳神経刺激による倦怠感の治療 慢性疲労症候群とTMS治療のページに引用しています。 倦怠感の改善に対してTMS治療は不明 こちらの研究は、tDCSやrTMSといった非侵襲的脳刺激の倦怠感に対する効果を検討したもの […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

週1回のrTMSが中枢性脳卒中後疼痛を長期的かつ持続的に軽減させる

週1回のrTMSが中枢性脳卒中後疼痛を長期的かつ持続的に軽減させる 一次運動野に対する高頻度刺激が脳卒中後疼痛に効果があるかもしれない こちらの論文は、脳卒中後の患者さん18名についてTMS治療の効果を調べた研究になりま […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

舌痛症(BMS)における連日の前頭前野に対するrTMSの有効性:ランダム化対照単盲検試験

線維筋痛症における非侵襲的脳刺激のアドオン効果 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 左DLPFC高頻度刺激が鎮痛効果があるかもしれない こちらの研究は、舌痛症や口腔灼熱症候群(BMS)に対するT […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

線維筋痛症における非侵襲的脳刺激のアドオン効果:ランダム化比較試験のメタアナリシスとメタ回帰

線維筋痛症における非侵襲的脳刺激のアドオン効果 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 M1刺激は痛みの軽減に、DLPFCはうつ症状の改善に期待 こちらの研究は、線維筋痛症患者さんにおけるTMS治療 […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

線維筋痛症の倦怠感の改善に関するエビデンス:4週間のDLPFCに対するrTMSによるランダム化比較試験

線維筋痛症の倦怠感の改善に関するエビデンス 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 左DLPFCが倦怠感と鎮痛効果があるかもしれない こちらの論文は、線維筋痛症の患者さんに左DLPFC高頻度刺激を行 […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

線維筋痛症における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):QoLとその脳内代謝基質を評価するランダム化試験

線維筋痛症におけるrTMS 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 左M1高頻度刺激は線維筋痛症のQOLを改善する可能性あり こちらの論文は、線維筋痛症患者さんに対して左一次運動野に高頻度刺激を行っ […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

悪性腫瘍に続発する神経障害性疼痛におけるrTMS:ランダム化臨床試験

悪性腫瘍に続発する神経障害性疼痛におけるrTMS 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 M1に対する高頻度刺激は短期的な効果 こちらの研究は、10回の高頻度刺激をM1領域に行ったことで、悪性腫瘍に […]

続きを読む

投稿日:2021年5月1日

高頻度反復経頭蓋磁気刺激は帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減

高頻度反復経頭蓋磁気刺激は帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 帯状疱疹後神経痛にM1高頻度刺激が効果あるかもしれない こちらは、帯状疱疹後神経痛に対してM1高頻度刺 […]

続きを読む

投稿日:2021年4月25日

慢性難治性疼痛における非侵襲的経頭蓋磁気刺激(TMS):システマティックレビュー

慢性難治性疼痛における非侵襲的経頭蓋磁気刺激(TMS) 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 M1領域の高頻度刺激が良いかもしれないが不確実 こちらでは、慢性難治性疼痛の患者さんに対するTMS治療 […]

続きを読む

投稿日:2021年4月25日

神経因性疼痛における運動皮質rTMSの鎮痛効果の体性機能の局在機構

神経因性疼痛における運動皮質rTMSの鎮痛効果の体性機能の局在機構 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。 痛みと反対側の運動皮質の隣接領域がターゲット こちらの論文は、慢性神経因性疼痛の患者さんに […]

続きを読む

投稿日:2021年4月25日

第2回臨床TMS研究会のご報告

第2回臨床TMS研究会のご報告 2021年4月18日、第2回臨床TMS研究会が開催されました。 当院の顧問いただいている野田先生が主催されている研究会で、全国から48名の医療機関、TMS機器メーカー、治療関係者が参加され […]

続きを読む

投稿日:2021年4月18日

不妊治療でのストレス…「妊活うつ」の特徴と治療法

不妊治療でのストレス…「妊活うつ」の特徴と治療法 「妊活」とは、子どもを授かるための活動すべてを指して使われています。 「そろそろ子どもがほしいかも…」と考える、夫婦で妊娠出産について話し合う、妊娠出産の知識をつける、医 […]

続きを読む

投稿日:2021年4月9日

薬物中毒、摂食障害、肥満者での渇望および消費に対するシングルセッションvsマルチセッションの非侵襲的脳刺激の効果:メタアナリシス

薬物中毒、摂食障害、肥満者での渇望および消費に対するシングルセッションvsマルチセッションの非侵襲的脳刺激の効果 過食症(摂食障害)とTMS治療のページに引用しています。 DLPFC高頻度刺激はマルチセッションの方がよい […]

続きを読む

投稿日:2021年4月8日

背外側前頭葉皮質への高頻度rTMSの過食症状に対する臨床効果の欠如:ランダム化二重盲検試験

背外側前頭葉皮質への高頻度rTMSの過食症状に対する臨床効果の欠如 過食症(摂食障害)とTMS治療のページに引用しています。 過食症状に左DLPFC高頻度刺激は効果みられず こちらの研究は、神経性過食症の患者さんに対して […]

続きを読む

投稿日:2021年4月8日

肥満成人の体重および食物消費に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の影響:ランダム化比較試験

肥満成人の体重および食物消費に対するrTMSの影響:ランダム化比較 過食症(摂食障害)とTMS治療のページに引用しています。 左DLPFC高頻度刺激が食欲を抑え、体重減少させるかもしれない こちらの研究は、肥満患者さんに […]

続きを読む

投稿日:2021年4月8日

摂食障害治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):安全性と有効性のレビュー

摂食障害治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) 過食症(摂食障害)とTMS治療のページに引用しています。 過食症に効果があるかもしれないが不明 こちらの論文は、摂食障害に対するTMS治療の論文を調べて評価したものにな […]

続きを読む

投稿日:2021年4月8日

成人のADHD治療を目的とした高頻度の両側dTMSのランダム化偽刺激比較試験:否定的な結果

成人のADHD治療を目的とした高頻度の両側dTMSのランダム化偽刺激比較試験 ADHDとTMS治療のページに引用しています。 こちらは、成人のADHDに対して前頭前野に対するdeepTMSによっ手の治療効果を調べた研究と […]

続きを読む

投稿日:2021年4月3日

青年期および若年成人の注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療における経頭蓋磁気刺激(TMS):パイロット研究

青年期および若年成人のADHDの治療におけるTMS ADHDとTMS治療のページに引用しています。 右DLPFC高頻度刺激はADHDに効果なし こちらの論文は、右DLPFCに対する高頻度刺激を行うことで、治療効果が期待で […]

続きを読む

投稿日:2021年4月3日

ADHDの注意力に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)のポジティブな効果:パイロットランダム化比較試験

ADHDの注意力に対するrTMSのポジティブな効果 ADHDとTMS治療のページに引用しています。 右DLPFC高頻度刺激で不注意が改善するかもしれない こちらの研究は、13人のADHD患者さんに対して右DLPFC高頻度 […]

続きを読む

投稿日:2021年4月3日

小児および成人の注意欠陥/多動性障害(ADHD)における非侵襲的脳刺激:システマティックレビューとメタアナリシス

小児および成人の注意欠陥/多動性障害(ADHD)における非侵襲的脳刺激 ADHDとTMS治療のページに引用しています。 ADHD特性にTMS治療は効果不明 こちらの論文では、ADHDについての非侵襲的脳刺激研究を網羅的に […]

続きを読む

投稿日:2021年4月3日

大うつ病性障害に対する経頭蓋磁気刺激時の行動活性化療法

大うつ病性障害に対する経頭蓋磁気刺激時の行動活性化療法 TMS治療の効果を高めるためにできる10のことのページに引用しています。 行動活性化療法との併用は有効 こちらの論文は、TMS治療の前に行動活性化療法を併用すること […]

続きを読む

投稿日:2021年3月27日

双極性うつ病患者に対するiTBSの有効性に関する偽刺激と実刺激の比較:ランダム化臨床試験

双極性うつ病患者に対するiTBSの有効性に関する偽刺激と実刺激の比較 TMS治療と双極性障害のページに引用しています。 双極性障害ではiTBS刺激の有効性は示せなかった こちらの論文では、2021年に発表された双極性障害 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月27日

primingTMSとsyuchronizedTMSとは?

primingTMSとsyuchronizedTMSとは?? 特殊な治療法 primingTMSとは、rTMS治療を行う前に反対方向のpriming刺激を行ってから行うTMS治療のことです。 syuchronizedTM […]

続きを読む

投稿日:2021年3月27日

TMS治療の効果を高める10ポイント

TMS治療の効果を高める10ポイント 日本での心の治療は、薬物療法や心理療法が主流となっています。 その中で自費診療であるTMS治療にたどり着いた方は、様々な背景があります。 TMS治療は負担も大きいですし、なるべく効果 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月27日

自閉症スペクトラム障害に対する間欠的シータバースト経頭蓋磁気刺激(iTBS):非盲検パイロット研究

自閉症スペクトラム障害に対する間欠的シータバースト経頭蓋磁気刺激(iTBS) 発達障害とTMS治療のページに引用しています。 右DLPFC高頻度刺激はこの論文で正当化されない こちらの論文は、発達障害に対して右DLPFC […]

続きを読む

投稿日:2021年3月20日

自閉症スペクトラム障害の治療のための反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):システマティックレビューとメタアナリシス

自閉症スペクトラム障害の治療のための反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) 発達障害とTMS治療のページに引用しています。 発達障害に対してのTMS治療は根拠不十分 こちらの論文は、発達障害に対るTMS治療についての研究を集めて […]

続きを読む

投稿日:2021年3月20日

慢性原発性不眠症患者の治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の有効性

慢性原発性不眠症患者の治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の有効性 不眠症とTMS治療のページに引用しています。 TMS治療は不眠に効果が期待できる こちらは、とくに原因のない不眠が慢性的に続いている方に対するrT […]

続きを読む

投稿日:2021年3月20日

睡眠障害のある被験者における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果

睡眠障害のある被験者における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果 不眠症とTMS治療のページに引用しています。 rTMS治療は様々な睡眠障害で有効かもしれない こちらは、現在の睡眠障害関連のTMS治療について、まとめたも […]

続きを読む

投稿日:2021年3月20日

不眠症に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果:システマティックレビューとメタアナリシス

不眠症に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果 不眠症とTMS治療のページに引用しています。 不眠症では右低頻度刺激 こちらの論文は、不眠症に対するrTMS治療の効果について、2019年8月までの研究を集めて解析した […]

続きを読む

投稿日:2021年3月20日

全般性不安障害の治療における右背外側前頭前野への反復経頭蓋磁気刺激:ランダム化二重盲検比較試験

全般性不安障害の治療における右背外側前頭前野への反復経頭蓋磁気刺激 不安障害とTMS治療のページに引用しています。 右DLPFC高頻度刺激が不安障害に効果的 こちらは、右DLPFCに高頻度刺激を行ったところ、不安症状の軽 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月19日

全般性不安障害に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):パイロットランダム化二重盲検偽刺激対照比較試験

全般性不安障害に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS) 不安障害とTMS治療のページに引用しています。 右DLPFC低頻度刺激は、神経活性も変化させて不安に効果が期待できる こちらは、不安障害についての右DLPFC低頻度刺 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月19日

不安障害治療における非侵襲的脳刺激の治療効果に関するシステマティックレビュー

不安障害治療における非侵襲的脳刺激の治療効果に関するシステマティックレビュー 不安障害とTMS治療のページに引用しています。 不安障害には左前頭前野興奮刺激と右前頭前野抑制刺激 こちらの論文は、不安に対してTMS治療の効 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月19日

勉強ストレスとプレッシャー。受験生が抱える「受験うつ」とは?

勉強ストレスとプレッシャー。受験生が抱える「受験うつ」とは? 受験のプレッシャーからうつ状態になると、勉強がすすまなくなって悪循環となってしまいます。 真面目な人ほどプレッシャーがかかり、頭が働かなくなって集中力が低下し […]

続きを読む

投稿日:2021年3月19日

大うつ病エピソードの急性期治療のための反復経頭蓋磁気刺激:ネットワークメタアナリシスを用いたシステマティックレビュー

大うつ病エピソードの急性期治療のための反復経頭蓋磁気刺激 うつ病とTMS治療のページに引用しています。 両側rTMSとプライミングTMSの効果がやや優位 こちらの論文は、TMS治療のうつ病に対する最適なプロトコールを探る […]

続きを読む

投稿日:2021年3月19日

再発性うつ病に対するiTBS単療法の抗うつ効果とコイル配置法の比較:二重盲検ランダム化比較試験

再発性うつ病に対するiTBS単療法の抗うつ効果とコイル配置法の比較 piTBSとは?のページに引用しています。 刺激時間を長くしたpiTBSは効果的 こちらは、プロロング法と呼ばれる3倍に延長したiTBS治療での効果を検 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月18日

piTBSとは?

piTBSとは? 3倍量TBSで効果を増強できる治療メソッド piTBSとは、prolonged Intermittent Theta Burst Stimulation(延長間欠的シーターバースト刺激法)の略で、TBS […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

cTBSとは?

cTBSとは? 短時間で脳を抑制する治療プロトコル cTBSとは、Continuous Theta Burst Stimulation(持続的シーターバースト刺激)の略で、iTBSとは同じデバイスを用いる治療になります。 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

dTMSとは?

dTMSとは? 脳の深部を刺激することができる治療プロトコル dTMSとは、Deep Transcranial Magnetic Stimulation(深部磁気刺激法)の略で、磁気刺激を脳の内部に送り込むという意味では […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

aTMS・aTBSとは?

aTMS・aTBSとは? 治療期間を最短2週間まで短縮できる集中治療プロトコル aTMSとは、Accelerated TMS(加速化TMS)の略で、名称が示唆する通り、rTSMやiTBSを1日2回以上行うことで治療を加速 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

iTBSとは?

iTBSとは? 3分程度で従来のrTMSと同等以上の効果が期待できる治療メソッド iTBSとは、Intermittent Theta Burst Stimulation(間欠的シーターバースト刺激法)の略で、rTMSと同 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

rTMSとは?

rTMSとは? もっともスタンダードなTMS治療プロトコル rTMSとは、Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation(反復経頭蓋磁気刺激法)の略で、一般的にTMSと呼ばれる治 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月11日

産後うつ病でのニューロスタによるrTMSの効果

産後うつ病でのニューロスタによるrTMSの効果 TMS治療と産後うつ病のページに引用しています。 産後うつに左高頻度DLPFC刺激は効果が期待できる こちらの論文は、産後のうつ病患者さんに対するニューロスターTMS治療で […]

続きを読む

投稿日:2021年3月6日

心理療法に間欠的シータバースト刺激(iTBS)を追加してニコチン依存を改善できるか?パイロット研究の結果

心理療法にiTBSを追加してニコチン依存を改善できるか? 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 心理療法+iTBSは有効? こちらの研究では、ニコチン依存症の心理療法にiTBSを4回加えたときに、 […]

続きを読む

投稿日:2021年3月6日

前頭前野および島皮質の深部反復経頭蓋磁気刺激による禁煙:前向きランダム化比較試験

前頭前野および島皮質の深部反復経頭蓋磁気刺激による禁煙 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 ニコチン依存症には低頻度より高頻度刺激 こちらの研究では、ニコチン依存症に対してどのような刺激方法が適 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月26日

禁煙のためのニコチン代替療法と併用したTMS

禁煙のためのニコチン代替療法と併用したTMS 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 薬による治療とTMS治療の併用が効果的 こちらは右DLPFCによる低頻度TMS治療とニコチン代替療法の併用が効果 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月26日

物質依存患者の渇望と物質消費に対するrTMSの効果:システマティックレビューとメタアナリシス

物質依存患者の渇望と物質消費に対するrTMSの効果 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 左DLPFC高頻度刺激は、物質依存症の渇望と消費に有効 こちらの論文は、アルコールやニコチン、違法薬物など […]

続きを読む

投稿日:2021年2月26日

TMSによる喫煙再発防止:実現可能性と潜在的な有効性

ニコチン消費と渇望における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 ニコチン依存症では左DLPFC高頻度刺激のみ有効かもしれない こちらの論文は、ニコチン依存症に […]

続きを読む

投稿日:2021年2月25日

ニコチン消費と渇望における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果:システマティックレビュー

ニコチン消費と渇望における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果 禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。 ニコチン依存症では左DLPFC高頻度刺激のみ有効かもしれない こちらの論文は、ニコチン依存症に […]

続きを読む

投稿日:2021年2月25日

大うつ病性障害の非治療抵抗性患者における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の臨床的有効性に関する系統的文献レビュー

大うつ病性障害の非治療抵抗性患者における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の臨床的有効性に関する系統的文献レビュー うつ病とTMS治療のページに引用しています。 お薬が1回でも効果なければTMS治療を行う価値あり こちらの論 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月25日

反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)の抗うつ反応の耐久性:システマティックレビューとメタアナリシス

前頭前野に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)における抗うつ反応の陽性予測因子 うつ病とTMS治療のページに引用しています。 TMS治療を半数が治療効果を1年維持 こちらの論文は、TMS治療での効果を3か月、6か月、1年 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月25日

前頭前野に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)における抗うつ反応の陽性予測因子

前頭前野に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)における抗うつ反応の陽性予測因子 うつ病とTMS治療のページに引用しています。 TMS治療は睡眠障害の目立つうつ病に有効 こちらの論文では、TMS治療の治療反応予測に関係する […]

続きを読む

投稿日:2021年2月13日

治療抵抗性大うつ病性障害患者における経頭蓋磁気刺激(TMS)の多施設・自然主義的・観察研究:追跡期間1年での効果の持続性

治療抵抗性大うつ病性障害患者における経頭蓋磁気刺激(TMS)の多施設・自然主義的・観察研究 うつ病とTMS治療のページに引用しています。 TMS治療は45%の寛解と70%弱の治療反応が持続的に期待可 こちらの論文では、実 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月13日

経頭蓋磁気刺激による大うつ病と併存疾患の治療

経頭蓋磁気刺激による大うつ病と併存疾患の治療 TMS治療の適応疾患のページに引用しています。 TMS治療は他の病気をベースにしたうつ状態にも有効 こちらの論文では、他の病気に合併したうつ状態にTMS治療が有効かどうかをシ […]

続きを読む

投稿日:2021年2月13日

ブレインフォグとは?うつ病の症状?

ブレインフォグとは?うつ病の症状? ブレインフォグとは、正式な医学用語ではありません。 そのまま訳せば「脳の霧」になりますが、頭の中にモヤがかかったような状態をさすようです。 それがうつ病の症状だとしたら、TMS治療によ […]

続きを読む

投稿日:2021年2月6日

急性双極性うつ病における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の臨床的有効性と安全性

rTMSの臨床的有効性と安全性 TMS治療と双極性障害のページに引用しています。 双極性障害では右DLPFCが有効 こちらの論文では、2016年に発表された時点でのメタアナリシスになります。 双極性障害でのうつ状態に対す […]

続きを読む

投稿日:2021年2月4日

TMSを用いて皮質運動興奮性と一次運動皮質表象を確実に評価するために必要な刺激数:システマティックレビューとメタアナリシス

TMS治療の流れのページに引用しています。 最低5回、基本的に10回の計測が必要 こちらの論文は、TMSを行うにあたって、その刺激強度の決定に必要なMEPを測定するのに必要な刺激数を調べたものになります。 どれくらいの強 […]

続きを読む

投稿日:2021年2月4日

単極性と双極性うつ病でのrTMSの臨床的人口統計学的な治療反応予測因子

単極性と双極性うつ病でのrTMSの臨床的人口統計学的な治療反応予測因子 TMS治療とうつ病のページに引用しています。 若い人と認知症状が目立つ人にはTMSが効果的 こちらの論文は、単極性と双極性のうつ状態をひっくるめて、 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

TCIを用いた大うつ病性障害でのrTMS反応予測

TCIを用いた大うつ病性障害でのrTMS反応予測 TMS治療とうつ病のページに引用しています。 こちらの論文は、気質・性格がうつ病TMS治療に影響をあたえるかどうかを分析したものになります。 それによれば、持続性の気質が […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

女性患者とセッション当たりの刺激数の少なさがrTMSの短期間抗うつ特性に関連:1997年~2013年の間に発表された54件の対照研究のメタアナリシス

女性患者とセッション当たりの刺激数の少なさがrTMSの短期間抗うつ特性に関連 TMS治療とうつ病のページに引用しています。 うつ病でTMS治療は女性に効果的 こちらの論文は、うつ病での治療効果に関係する因子を分析したもの […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

経頭蓋磁気刺激時の安全性、忍容性およびノセボ効果:プラセボ対照臨床試験のシステマティックレビューとメタアナリシス

経頭蓋磁気刺激時の安全性、忍容性およびノセボ効果 TMS治療の副作用と安全性のページに引用しています。 TMS治療は副作用が少なく安全性が高い こちらの論文は、TMS治療の副作用と安全性を調べたもので、同時にノセボ効果に […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

dTMSを用いた双極性うつ病の治療:二重盲検ランダム化並行群間比較、偽治療対照臨床試験の結果

dTMSを用いた双極性うつ病の治療 TMS治療と双極性障害のページに引用しています。 双極性障害での左高頻度dTMSは有効 こちらの論文は、双極性障害のうつ状態の患者様に対して、deepTMSが有効かを調べたものになりま […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

薬剤抵抗性強迫性障害(OCD)におけるrTMS治療の有効性と臨床反応予測因子:後ろ向き研究

OCDにおけるrTMS治療の有効性と臨床反応予測因子 TMS治療と強迫性障害のページに引用しています。 重症度が低く、強迫症状に抵抗できる方はTMS治療が効果的 こちらの論文は、強迫性障害でのターゲットによる違いとTMS […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

強迫性障害患者における内側前頭前野(mPFC)および前帯状皮質(ACC)へのdTMSの臨床的電気生理学的アウトカム

OCDにおけるmPFCおよびACCへのdTMSの臨床的電気生理学的アウトカム TMS治療と強迫性障害のページに引用しています。 強迫性障害での承認プロトコールは低頻度より高頻度 こちらの論文は、強迫性障害のdeepTMS […]

続きを読む

投稿日:2021年1月28日

強迫性障害に対するdTMSの有効性と安全性:前向き多施設ランダム化二重盲検比較試験

強迫性障害に対するdTMSの有効性と安全性 TMS治療と強迫性障害のページに引用しています。 dTMSは強迫性障害に有効で半数近く改善 こちらの論文は、強迫性障害のdeepTMS治療について調べた論文になります。 厳格に […]

続きを読む

投稿日:2021年1月23日

強迫性障害rTMSの様々な皮質ターゲットでの有効性のメタアナリシス

強迫性障害rTMSの様々な皮質ターゲットでの有効性 TMS治療と強迫性障害のページに引用しています。 SMAの低頻度TMSが強迫性障害に有望 こちらの論文は、強迫性障害でのrTMS治療を2016年まで網羅的に調べて解析し […]

続きを読む

投稿日:2021年1月23日

年齢は大うつ病性障害の低頻度経頭蓋磁気刺激の効果予測因子

年齢は大うつ病性障害の低頻度経頭蓋磁気刺激の効果予測因子 TMS治療とうつ病のページに引用しています。 若い人のうつ病の方がTMSは有効 こちらの論文は、抗うつ剤の補助としての右低頻度rTMS治療がどのような患者さんに有 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月20日

TMS治療とは?病院・クリニック選びの比較ポイント

TMS治療とは?病院・クリニック選びの比較ポイント TMS治療とは? TMS治療は、磁気を用いて脳の特定部位を刺激して働きを整える治療法です。 欧米では30年近くの歴史ある治療法で、2019年6月には日本でも保険適応とな […]

続きを読む

投稿日:2021年1月13日

治療抵抗性うつ病に対するスタンフォード式ニューロモジュレーション治療(SAINT)

治療抵抗性うつ病に対するスタンフォード式ニューロモジュレーション治療(SAINT) TMSと短期集中治療のページに引用しています。 超短期集中治療は驚異の90%の寛解率 こちらの論文は、スタンフォード式の超短期間集中TB […]

続きを読む

投稿日:2021年1月10日

うつ病でのaccelerated-TMS:システマティックレビューとメタ解析

うつ病でのaccelerated-TMS TMSと短期集中治療のページに引用しています。 短期集中治療がTMS治療で有効 こちらの論文は、aTMSに関するシスマティックレビューです。 RCTを中心としたメタアナリシスでは […]

続きを読む

投稿日:2021年1月4日

うつ病患者へのシータバースト法vs高刺激rTMSの有効性(THREE-D):ランダム化非劣性試験

うつ病患者へのシータバースト法vs高刺激rTMSの有効性(THREE-D) シーターバースト法では3分で従来と同等以上の効果が期待できる こちらの研究は、FDAにてうつ病のシータバースト治療の適応が認められるきっかけとな […]

続きを読む

投稿日:2021年1月3日

産後うつ病(周産期うつ病)でのrTMS治療の安全性と有効性のシステマティックレビュー

産後うつ病とTMSの論文 TMS治療と産後うつ病のページに引用しています。 産後うつ病(周産期うつ病)でのrTMS治療の安全性と有効性のシステマティックレビュー こちらの論文は、産後うつ病(周産期うつ病)に対する治療効果 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月3日

rTMSの治療的使用に関するエビデンスに基づくガイドライン:更新版(2014–2018)

rTMSの治療的使用に関するエビデンスに基づくガイドライン TMS治療と慢性疼痛(線維筋痛症)のページに引用しています。 エビデンスレベルAとBはTMS治療の効果が期待できる こちらの論文は、ヨーロッパの専門家が論文をま […]

続きを読む

投稿日:2021年1月3日

rTMSの双極性うつにおける有効性について:系統的レビューとメタ解析

rTMSの双極性うつにおける有効性について TMS治療と双極性障害のページに引用しています。 双極性障害では左DLPFC高頻度刺激でのTMS治療が有効 こちらの論文は、当院顧問の野田先生からも紹介いただいた論文で、双極性 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月3日

神奈川のTMS治療の病院・クリニックのおすすめ

神奈川のTMS治療の病院・クリニック 神奈川県でのTMS治療 2019年6月に保険適応となった「TMS治療法」(反復経頭蓋磁気刺激療法)。うつ病の新たな治療法として注目が集まっています。 TMS治療法の保険適応は制約が厳 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月2日

東京のTMS治療のおすすめ病院・クリニック

東京のTMS治療の病院・クリニック 東京でのTMS治療 うつ病の新たな治療法として注目を集めている「TMS治療法」(反復経頭蓋磁気刺激療法)。 2019年6月に保険適応となりましたが、保険適応の制約が厳しく、患者さまに合 […]

続きを読む

投稿日:2021年1月2日

初回TMS治療の流れについて

初回TMS治療の流れについて 1.はじめに TMS治療室へご案内し、スタッフより資料を基に治療の流れの説明を行います。 2.刺激位置の同定 帽子を被っていただき、頭のサイズを測定し、専用のソフトを使用して磁気刺激を行うD […]

続きを読む

投稿日:2020年11月22日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日