ブログ

小児および青年の大うつ病性障害に対する抗うつ薬の有効性と忍容性の比較:ネットワークメタアナリシス

こちらの論文は、 受験ストレスと「受験うつ」、薬に頼らない治療法とは? のページに引用しています。 小児はフルオキセチンが良い? この論文は、ランセットに掲載された非常に注目された論文になります。 お子さんに対して抗うつ… 続きを読む 小児および青年の大うつ病性障害に対する抗うつ薬の有効性と忍容性の比較:ネットワークメタアナリシス

続きを読む

投稿日:

加速型rTMS:難治性うつ病を緩和する可能性のある治療法

こちらの論文は、 TMSと短期集中治療 のページに引用しています。 加速型のrTMSは効果が期待できる こちらの論文は、iTBS(シーターバースト刺激法)と従来のrTMS治療を比較した研究報告になります。 加速型のiTB… 続きを読む 加速型rTMS:難治性うつ病を緩和する可能性のある治療法

続きを読む

投稿日:

薬物抵抗性うつ病でのaccelerated-iTBSについて:寛解への早道?

こちらの論文は、 TMSと短期集中治療 のページに引用しています。 加速型のiTBSも効果が期待できる こちらの論文は、iTBS(シーターバースト刺激法)での集中治療の効果を検証した研究報告になります。 iTBSは、従来… 続きを読む 薬物抵抗性うつ病でのaccelerated-iTBSについて:寛解への早道?

続きを読む

投稿日:

単極性うつ病の自殺リスクに対する加速型反復経頭蓋磁気刺激の急性効果:予備的結果

こちらの論文は、 TMSと短期集中治療 のページに引用しています。 aTBSは効果的で自殺リスクを高めることはしない こちらの論文は、aTBSでのうつ病の自殺リスクの軽減効果について調べた報告になります。 1日5回のac… 続きを読む 単極性うつ病の自殺リスクに対する加速型反復経頭蓋磁気刺激の急性効果:予備的結果

続きを読む

投稿日:

筋痛性脳脊髄炎(ME)患者の疲労感のベースラインでの重症度によってrTMSの効果は影響をうけるのか

こちらの論文は、 慢性疲労症候群とTMS治療 のページに引用しています。 筋痛性脊髄炎に高頻度rTMSは有効? 筋痛性脳脊髄炎とは、欧米や日本では慢性疲労症候群の名称の方が馴染みがあるかと思いますが、原因不明の慢性疲労を… 続きを読む 筋痛性脳脊髄炎(ME)患者の疲労感のベースラインでの重症度によってrTMSの効果は影響をうけるのか

続きを読む

投稿日:

慢性疲労症候群治療における高頻度rTMS:症例シリーズ

こちらの論文は、 慢性疲労症候群とTMS治療 のページに引用しています。 高頻度DLPFC刺激の効果があるかもしれない? こちらの論文は、7名の連続の患者さんでのDLPFCに対する高頻度rTMS刺激の効果の報告になります… 続きを読む 慢性疲労症候群治療における高頻度rTMS:症例シリーズ

続きを読む

投稿日:

不安障害が合併したうつ病に対するrTMSの有効性

こちらの論文は、 うつ病とTMS治療 不安障害とTMS治療 のページに引用しています。 うつ病に合併する不安障害に有効 こちらの論文は、不安障害が合併しているうつ病患者さんに対するrTMS治療の効果を示した論文になります… 続きを読む 不安障害が合併したうつ病に対するrTMSの有効性

続きを読む

投稿日:

TMS治療の「保険診療」「自由診療」の違いとは?

お薬を用いないうつ病の治療法として、薬物治療の副作用が強い方などにも選ばれているrTMS治療(反復経頭蓋磁気刺激療法)。 磁気を用いて脳に刺激を与えて、脳の働きを正常に制御する治療法です。 日本では2019年6月にTMS… 続きを読む TMS治療の「保険診療」「自由診療」の違いとは?

続きを読む

投稿日:

HSPにTMS治療は有効?

近年、認知度が高まっている「HSP」。 書籍やテレビなどで取り上げられる機会が増え、最近ではインターネット上でのHSP診断も広まりつつあります。 「自分は繊細だから、HSPである」とご自身で判断する方も増えている印象で、… 続きを読む HSPにTMS治療は有効?

続きを読む

投稿日:

非侵襲的脳神経刺激による倦怠感の治療

こちらの論文は、 慢性疲労症候群とTMS治療 のページに引用しています。 倦怠感の改善に対してTMS治療は不明 こちらの研究は、tDCSやrTMSといった非侵襲的脳刺激の倦怠感に対する効果を検討したものを網羅的に調査して… 続きを読む 非侵襲的脳神経刺激による倦怠感の治療

続きを読む

投稿日:

新しい投稿ページへ古い投稿ページへ