ブログ

不安障害治療における非侵襲的脳刺激の治療効果に関するシステマティックレビュー

こちらの論文は、 不安障害とTMS治療 のページに引用しています。 不安障害には左前頭前野興奮刺激と右前頭前野抑制刺激 こちらの論文は、不安に対してTMS治療の効果を評価した論文を集めて、解析したものになります。 不安障… 続きを読む 不安障害治療における非侵襲的脳刺激の治療効果に関するシステマティックレビュー

続きを読む

投稿日:

受験ストレスと「受験うつ」、薬に頼らない治療法とは?

受験のプレッシャーからうつ状態になると、勉強がすすまなくなって悪循環となってしまいます。 真面目な人ほどプレッシャーがかかり、頭が働かなくなって集中力が低下して、苦しくなってしまいます。 お薬での治療は効果に時間がかかり… 続きを読む 受験ストレスと「受験うつ」、薬に頼らない治療法とは?

続きを読む

投稿日:

大うつ病エピソードの急性期治療のための反復経頭蓋磁気刺激:ネットワークメタアナリシスを用いたシステマティックレビュー

こちらの論文は、 うつ病とTMS治療 のページに引用しています。 両側rTMSとプライミングTMSの効果がやや優位 こちらの論文は、TMS治療のうつ病に対する最適なプロトコールを探るために行われたネットワークメタアナリシ… 続きを読む 大うつ病エピソードの急性期治療のための反復経頭蓋磁気刺激:ネットワークメタアナリシスを用いたシステマティックレビュー

続きを読む

投稿日:

再発性うつ病に対するiTBS単療法の抗うつ効果とコイル配置法の比較:二重盲検ランダム化比較試験

こちらの論文は、 piTBSとは? のページに引用しています。 刺激時間を長くしたpiTBSは効果的 こちらは、プロロング法と呼ばれる3倍に延長したiTBS治療での効果を検証した論文になります。 同時に、従来の5㎝法での… 続きを読む 再発性うつ病に対するiTBS単療法の抗うつ効果とコイル配置法の比較:二重盲検ランダム化比較試験

続きを読む

投稿日:

piTBSとは?

3倍量TBSで効果を増強できる治療メソッド piTBSとは、prolonged Intermittent Theta Burst Stimulation(延長間欠的シーターバースト刺激法)の略で、TBS治療法を3倍の長さ… 続きを読む piTBSとは?

続きを読む

投稿日:

cTBSとは?

短時間で脳を抑制する治療プロトコル cTBSとは、Continuous Theta Burst Stimulation(持続的シーターバースト刺激)の略で、iTBSとは同じデバイスを用いる治療になります。 iTBSが脳の… 続きを読む cTBSとは?

続きを読む

投稿日:

dTMSとは?

脳の深部を刺激することができる治療プロトコル dTMSとは、Deep Transcranial Magnetic Stimulation(深部磁気刺激法)の略で、磁気刺激を脳の内部に送り込むという意味ではrTMSと共通し… 続きを読む dTMSとは?

続きを読む

投稿日:

aTMS・aTBSとは?

治療期間を最短2週間まで短縮できる集中治療プロトコル aTMSとは、Accelerated TMS(加速化TMS)の略で、名称が示唆する通り、rTMSを1日2回以上行うことで治療を加速化し、治療期間をぐっと短縮するプロト… 続きを読む aTMS・aTBSとは?

続きを読む

投稿日:

iTBSとは?

3分程度で従来のrTMSと同等以上の効果が期待できる治療メソッド iTBSとは、Intermittent Theta Burst Stimulation(間欠的シーターバースト刺激法)の略で、rTMSと同様に8の字コイル… 続きを読む iTBSとは?

続きを読む

投稿日:

rTMSとは?

もっともスタンダードなTMS治療プロトコル rTMSとは、Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation(反復経頭蓋磁気刺激法)の略で、一般的にTMSと呼ばれる治療はrTMSのこ… 続きを読む rTMSとは?

続きを読む

投稿日:

新しい投稿ページへ古い投稿ページへ