【うつ病65】40代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年1月~X年/3月の44日間
  • 主訴:気分の落ち込み、慢性的な頭痛
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:特別プランiTBS(600発/回) を30回

これまでの経過

精神科初診は15年前で、うつ病と診断されました。

安定していたのですが、3か月前ぐらいからうつ病が再熱し、当院受診でTMS治療を希望されました。

他院での治療歴はない方です。

TMS治療経過

うつ病症例65の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、特別プランiTBS(600発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の大きな変化はない。趣味に手は出せているが、集中力が続かない。」とまだ治療効果を実感されることがありませんでした。

TMS20回終了時には、「まだ波がある。休む前よりはマシになっている。まだ集中力はない。仕事に対する意欲はまだない。」と、明らかな効果の実感はありませんでした。

ですが、スタッフから見て、初回時よりもとても表情が和らいでいました

TMS30回終了時は、「調子はよくなっている。落ちこみや不安は減った」と効果を感じられ、心理検査の結果でも明らかに改善が見られました。

最後の治療終了時には、「(TMS治療の感想)どうかなぁ、わかんない」と笑顔が見られ、初回時よりもとても明るい雰囲気になりました

30回終了後は、ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

治療間隔を3日以上空けることなく、特別プラン(600発/回)を30回終えました。

20回目終了時までは、なかなかご本人様自身が効果を感じられませんでした。

ですが、スタッフからはとても柔らかい表情になり、明らかに効果が目に見えました。

30回目には、ご本人様自身も効果を感じられ、最後には笑顔も見られました

うつ病再燃してしまった方に、rTMS療法は有効であることが改めて確認させられた症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日