【うつ病93】20代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/2月~X年/3月の20日間
  • 主訴:憂鬱になる、気力が起きない、眠れない。
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回) とaTBSの組み合わせで 30回

これまでの経過

精神科は当院が初めての患者様です。

家族内葛藤、仕事の理想と現実のギャップ、仕事の負担が大きいことで今年の1月から気分の落ち込みが激しくなりました。

短期集中治療を希望され、薬物療法ではなく当院でのTMS治療を希望されました。

TMS治療経過

うつ病93の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回) とaTBSの組み合わせで 30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の変化はまだ波がある。家族と話してみた。」と家族と話すという第一歩を踏み出せました。

TMS20回終了時には、「まだ波はあるが、調子のいい日が出てきた。趣味である銭湯に行くようにしている。睡眠、食事もとれている。」と治療前は趣味を行う気力がありませんでしたが、20回目にして意欲が出てきました。

TMS30回終了時は、「完全ではないが前よりも良くなっていると思う。」と治療後に笑顔でお話しされました。完全ではありませんが、主訴を改善できました。

症例のまとめ

症状は改善していますが、少し薬物療法を行うことを提案しました。

ですが、薬はなるべく飲みたくないということで、2週間後の様子をみて少量薬を使うか検討することになりました。

休職中という決められた期間の中で、ほぼ毎日通い20日で治療を終えました。

初めは趣味も行えないほど、意欲は低下しておりました。

ですが治療20回目終了後から、意欲が戻ってきて趣味を行うこともできました。

まだ、完全寛解ではないため薬物療法やTMS治療の継続を検討をしていますが、主訴をほぼ改善できた症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年12月23日