週1回のrTMSが中枢性脳卒中後疼痛を長期的かつ持続的に軽減させる

週1回のrTMSが中枢性脳卒中後疼痛を長期的かつ持続的に軽減させる

一次運動野に対する高頻度刺激が脳卒中後疼痛に効果があるかもしれない こちらの論文は、脳卒中後の患者さん18名についてTMS治療の効果を調べた研究になります。 18名の患者さんで盲検化もされておらず偽刺激との比較もなされて… 続きを読む 週1回のrTMSが中枢性脳卒中後疼痛を長期的かつ持続的に軽減させる

舌痛症(BMS)における連日の前頭前野に対するrTMSの有効性:ランダム化対照単盲検試験

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 左DLPFC高頻度刺激が鎮痛効果があるかもしれない こちらの研究は、舌痛症や口腔灼熱症候群(BMS)に対するTMS治療についてのRCTにな… 続きを読む 舌痛症(BMS)における連日の前頭前野に対するrTMSの有効性:ランダム化対照単盲検試験

線維筋痛症における非侵襲的脳刺激のアドオン効果:ランダム化比較試験のメタアナリシスとメタ回帰

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 M1刺激は痛みの軽減に、DLPFCはうつ症状の改善に期待 こちらの研究は、線維筋痛症患者さんにおけるTMS治療やtDCS治療などの非侵襲的… 続きを読む 線維筋痛症における非侵襲的脳刺激のアドオン効果:ランダム化比較試験のメタアナリシスとメタ回帰

線維筋痛症の倦怠感の改善に関するエビデンス:4週間のDLPFCに対するrTMSによるランダム化比較試験

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 左DLPFCが倦怠感と鎮痛効果があるかもしれない こちらの論文は、線維筋痛症の患者さんに左DLPFC高頻度刺激を行ったRCTになります。 … 続きを読む 線維筋痛症の倦怠感の改善に関するエビデンス:4週間のDLPFCに対するrTMSによるランダム化比較試験

線維筋痛症における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):QoLとその脳内代謝基質を評価するランダム化試験

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 左M1高頻度刺激は線維筋痛症のQOLを改善する可能性あり こちらの論文は、線維筋痛症患者さんに対して左一次運動野に高頻度刺激を行った際のQ… 続きを読む 線維筋痛症における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS):QoLとその脳内代謝基質を評価するランダム化試験

悪性腫瘍に続発する神経障害性疼痛におけるrTMS:ランダム化臨床試験

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 M1に対する高頻度刺激は短期的な効果 こちらの研究は、10回の高頻度刺激をM1領域に行ったことで、悪性腫瘍による神経障害性疼痛の軽減に効果… 続きを読む 悪性腫瘍に続発する神経障害性疼痛におけるrTMS:ランダム化臨床試験

高頻度反復経頭蓋磁気刺激は帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 帯状疱疹後神経痛にM1高頻度刺激が効果あるかもしれない こちらは、帯状疱疹後神経痛に対してM1高頻度刺激が有効かどうか、40名の患者さんで… 続きを読む 高頻度反復経頭蓋磁気刺激は帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減

慢性難治性疼痛における非侵襲的経頭蓋磁気刺激(TMS):システマティックレビュー

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 M1領域の高頻度刺激が良いかもしれないが不確実 こちらでは、慢性難治性疼痛の患者さんに対するTMS治療の論文を網羅的に調査分析したメタアナ… 続きを読む 慢性難治性疼痛における非侵襲的経頭蓋磁気刺激(TMS):システマティックレビュー

神経因性疼痛における運動皮質rTMSの鎮痛効果の体性機能の局在機構

こちらの論文は、 慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療 のページに引用しています。 痛みと反対側の運動皮質の隣接領域がターゲット こちらの論文は、慢性神経因性疼痛の患者さんに対して、どの運動皮質をターゲットにすることが効果… 続きを読む 神経因性疼痛における運動皮質rTMSの鎮痛効果の体性機能の局在機構

rTMSの治療的使用に関するエビデンスに基づくガイドライン:更新版(2014–2018)

こちらの論文は、 TMS治療と慢性疼痛(線維筋痛症) のページに引用しています。 エビデンスレベルAとBはTMS治療の効果が期待できる こちらの論文は、ヨーロッパの専門家が論文をまとめて、治療効果が期待できるエビデンスを… 続きを読む rTMSの治療的使用に関するエビデンスに基づくガイドライン:更新版(2014–2018)