044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

当院の感染対策と新型コロナワクチン接種

当院では感染対策に最大限の注意を払いながら、TMS治療を継続しております。

また社会貢献のため、新型コロナワクチン予防接種に法人をあげて取り組んでおり、東京横浜TMSクリニックにおいても川崎市新型コロナワクチン予防接種を実施いたします。※ワクチン接種の詳細は、下部をご覧ください。

患者様へのお願い

東京横浜TMSクリニックは、感染対策に力を入れています。

風邪症状のある患者様へ

発熱や咳症状がある場合は、受診前に必ずお電話ください。

熱が37.5度以上の場合は、診療をご遠慮いただいております。

新しいクリニックでコロナ禍でも安心

当院は、2020年12月にオープンいたしました。

後述しますが、感染対策は念入りに準備してまいりました。

また新しくできたばかりのクリニックですので、患者様の数も比較的少ないため、3密を避けることができます。

また都心に比べて武蔵小杉は、感染拡大がゆるやかです。

安心してTMS治療を受けていただけるよう、運用面でも感染対策に励んでまいります。

感染対策への取り組み

感染対策を意識して設計

感染対策

東京横浜TMSクリニックは、新型コロナウイルス感染症が流行してからの開院になります。

このため感染対策をはじめから意識した設計となっています。

当院の長い方向に空気が流れるようになっており、空気がフロアを抜けるようになっています。それを意識してダクトを設計いただき、換気効率を高めています。

また診察室の換気と防音は反比例してしまいますが、こちらも診察室ひとつずつに局所換気を設置しており、後ろのドアを開けて診察して換気を十分に行っています。

そして座席のひとつずつに間仕切りを設置することで、プライバシーと物理的な感染予防を行っています。

入り口のドアも、診察時間中は開放しております。

IT化で滞在時間と接触の減少

感染対策

当院では、さまざまなITサービスを組み合わせることで、予約から会計までをシームレスに運用できるようになっています。

また完全予約制をとることとあわせて、患者様の滞在時間を減らしています。

自動受付・精算機を導入しており、クレジット対応を可能(※5000円以上)とするなど、人との接触をなるべく行わずに済む運用となっています。

感染症対策経験のある看護師

感染対策

東京横浜TMSクリニックでは、総合病院での感染症対策(リンクナース)経験のある男性看護師を配置し、感染対策に力を入れています。

隣駅の元住吉にて、当法人は内科クリニックを運営しています。

元住吉の内科で培った感染ノウハウをもとに、院内感染対策を講じています。

感染対策は、「人の意識」が非常に重要です。当院では見せかけの対策ではなく、各自が医療者としての自覚と責任をもって感染対策を行っています。

定期的な清拭

感染対策

アルコール消毒の設置はもちろんのこと、看護師を中心に定期的に拭き掃除を行っています。

感染対策で最も重要なのは、共用部分を頻回に拭くことです。

感染経路の多くは接触感染になります。TMS治療機器につきましても、使用ごとにアルコール消毒を行っています。

きれいな環境づくり

環境づくりとして、空気清浄機や加湿器を配置しています。

換気によって湿度が低下しないよう、高性能の加湿器を設置しています。

また受付には、透明な板を設置して物理的な飛沫感染予防を行っています。

新型コロナワクチン予防接種について

法人3院で最大限の協力を

新型コロナウイルスワクチン予防接種は、現状を打破する大きな切り札になります。

当法人としては、予防接種の協力こそが私たちが行える最大の社会貢献と考えており、東京横浜TMSクリニックでも実施していきます。

5階の武蔵小杉こころみクリニックでは、お昼の集団接種を行います。

7階の東京横浜TMSクリニックでは、時間帯を決めて1時間に12人程度からワクチン接種を開始していきます。

当法人の新型コロナワクチン予防接種の詳細については、

元住吉こころみクリニック ワクチン予約ページをご参照ください。

現在、キャンセル待ちを受け付けております。

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -