044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

【TMS治療】クリニック・病院選びの比較ポイント

TMS治療とは?

TMS治療は、磁気を利用して頭蓋骨を飛び越え、脳の特定部位をピンポイントで電気刺激して脳の働きを整える治療法です。

欧米では30年近くの歴史ある治療法で、2019年6月には日本でも保険適応となりました。

うつ病の新しい治療法として、近年日本でも注目が高まっています。

ですがTMS治療は、保険適応の制約がとても厳しいため一部の病院でしか行えず、海外の新しい治療法などは行えないのが実情です。

また治療を行っている医療機関も少ないために、治療開始までに時間がかかってしまいます。

自由診療でのTMS治療の広がり

そのため当院のように、自由診療でTMS治療を提供するクリニックも増えてきました。

TMS治療が必要な患者さまに届くようになったメリットはありますが、その反面、ビジネスの側面を重視する医療機関が出てきたことも事実です。

今回は、TMS治療の医療機関を選ぶ際に確認してほしいポイントを7つご紹介します。

納得できるTMS治療を受けられるためにも、ぜひチェックしてみてください。

東京・神奈川のTMS医療機関

東京と神奈川、それぞれ以下の記事でご紹介させていただいています。

東京のおすすめ病院・クリニック

神奈川のおすすめ病院・クリニック

TMS治療の医療機関を選ぶ7つのポイント

1.費用軸

TMS治療の保険診療と自由診療の違いを比較したイラストです。

TMS治療の治療費は保険診療か自由診療かどうかによっても異なりますし、医療機関によっても治療費は異なるため、どの医療機関を選ぶかによって大きく費用は変動します。

実は日本においては、保険診療と自由診療による治療の場合にかかる最低費用では、最低ラインの価格帯のクリニックだけを比較すると実はさほど変わらない、という状況になってきています。

また保険診療は、治療を受けるには厳格な適応基準が設けられていて、治療開始までに時間がかかってしまう可能性が高いです。

クリニックでのTMS治療は自由診療となり、医療機関側が自由に治療費を設定できますので、治療費に大きく差が生まれています。

アメリカでのTMS治療は「200~400ドル/1回」になりますので、その3割の60~120ドルが本来の相場といえるかもしれません。

ちなみに当院では、TMS治療を「4,950円/1回」を基本料金設定として、「3,300円/1回」からTMS治療を行うことができます。

また、1年間の医療費が一定の金額を超えた場合は、「医療費控除」が申請できます。

自由診療でのTMS治療は短期集中治療も可能なので、トータルでみれば費用対効果が良い場合もあります。

TMS治療費の相場

2.アクセス軸 ~近場か遠隔地か~

TMS治療とアクセスについてイラストにしました。

TMS治療はまだ新しい分野であり、まだまだ限られた医療機関でしか実施していません。

TMS治療は、はじめに集中して治療を受けていく必要があります。

そのためご自身が通いやすい医療機関を選び、無理なく通院を続けることが大切です。

「通いやすさ」も大切にして、医療機関を探しましょう。

当院のように短期集中治療が実施できる医療機関では、最短で2週間の治療スケジュールが可能になります。

かなり遠方からも来院いただき、近くのビジネスホテルなどに2~3週間滞在いただいて集中治療を行うことも可能です。

ですが心の病気の治療では、症状がよくなっても経過を見ていかなければならないことも多く、ご自身で客観的な判断をすることが難しいです。

このため必要に応じて、近くですぐに相談できる主治医を見つけていただくことも大切です。

3.経験豊富な精神科医による診察の有無

TMS治療は精神科医の診察が大切です。

TMS治療を行うためには、第一に「患者さんにとってTMS治療は適切か?」を判断する必要があります。

この点は、TMS治療経験だけではなく、こころの治療の経験値が問われる領域で、精神科医としてきちんとしたお薬による治療経験を積んできているのかが重要です。

心の治療経過を理解していなければ、とても適切なTMS治療を行うことはできません。

rTMS療法以外の領域もしっかり踏まえたうえで、再発予防なども患者さまごとに考えていく必要があります。

安心して治療を進めるためにも、おもに精神科医が診察している医療機関か、受診の前に確認するようにしましょう。(精神科指定医や専門医などの有資格者が一般的です)

また全国8大学病院と2公的研究医療機関、5精神科病院、6クリニックによる多施設臨床研究が行われています。

当院も参画しておりますが、こちらの医療機関は少なくとも、安心してTMS治療を受けることができます。

4.TMS以外の治療選択肢があるか

TMS治療は心の治療選択肢のひとつです。

TMS治療は非常に優れた新たなこころの治療法ですが、すべての方の問題を解決できる万能薬では決してありません。

あくまで感情や気持ちを安定させてくれるためのひとつのツールであり、こころの病気の治療方法はTMS治療だけではありません。

抗うつ剤とTMS治療を併行して行うことで、治療効果が高まることも報告されていますし、なかにはTMS治療自体に適していない方もいらっしゃいます。

過度にTMS治療だけを推奨し、その他の選択肢を否定される場合には、少し注意が必要かもしれません。(自由診療のみのクリニックでは、TMS治療のみになりがち)

まずはご本人の症状をしっかり理解したうえで、TMS治療をあくまで複数ある選択肢のひとつとして並べてくれる、そんな医療機関を選ぶのがベストでしょう。

5.使用している治療機器

TMS治療の医療機器の日本での現状をイメージにしました。

TMS治療の機器はいくつか種類がありますが、信頼性を判断する際は、日本よりも先を行く米国の「FDA認証」を受けているかが目安となります。

FDAとは「アメリカ食品医薬品局」のことで、日本でいうと厚生労働省にあたる公的機関です。

日本では、保険診療はニューロスターのみ認可されていますので、保険診療の場合の治療機器については一択ということになります。

一方、自由診療で利用されているのはマグプロとタマスが多いですが、FDA認証を受けているのはマグプロのみです。

認証を受けていないタマスの導入数が多い理由としては、機械導入費用が安く、マグプロと比べると費用が半分以下で済むためです。

当院では、機器の安定性の高さとFDA認証済の信頼性を重視して、マグプロを導入しています。

TMS治療機器の違い

6.知識と技術のバックボーンとアップデート

TMS治療は欧米での治療経験があり、最新知識を常にアップデートする必要があります。

TMS治療は世界的にみると30年あまりの歴史があり、その治療法は標準化されてきています。

これには人種なども関係なく、人種のるつぼと呼ばれるアメリカでも同様の治療が行われています

しかしながら新しい分野であるTMS治療は、日々新しい研究結果が発表され、国内・海外問わず、多くの論文が発表されています。

当然、これらの知識を日々吸収し、技術レベルを磨き続けているクリニックを選択するのがベストです。

当クリニックでは、TMS治療の第一人者である慶應大学の野田賀大先生に技術・学術指導いただき、国内最新のノウハウをアップデートし続けています。

また、当クリニックの医師・TMS治療チームは、日々海外で発表されている論文から新たな知見を吸収し、日々の症例をまとめて臨床現場でディスカッションを重ねています。

2021年3月には、日本初でdeepTMSプロトコールが可能なデバイスを導入し、強迫性障害のアメリカFDA認可プロトコールを開始しています。

7.「治療効果」に関する情報発信の信頼性

TMS治療の情報発信のイラストです。

2021年時点の日本では、TMS治療の適応が認められているのは「うつ症状」「強迫症状」のみです。

そして強迫性障害の治療は、deepTMSという特殊な刺激法になり、日本では2021年3月に当院が初めて治療導入しました。

その他の疾患や病状に対してTMS治療の効果があるかは、世界的にもまだ研究段階で、効果があるとハッキリとは言えません。

ですがクリニックの中には、効果があるとは言い切れない病気や症状まで、TMS治療の効果をうたっているところがあります。

このような適応外でもTMS治療を生かせることはあるのですが、「専門プロトコールがあると説明している」「効果は不明であることを説明していない」「むしろホームページで効果を積極的にうたっている」場合は、周囲の専門家や関係者からの支持を失っていることが多いです。

また、「ほとんど改善する」「8~9割改善」「独自の方法で3割奏効率UP」「日本人に最適化」などといったように、治療効果を過剰にアピールしている場合も注意してください。

当院のように治験や臨床研究で使われるようなHAM-DやMADRSといった心理検査での評価をしているところは珍しく、手間がかからないSDSなど精度が低い心理検査で治療効果を評価している場合がほとんどで、その数字の信憑性も極めて疑わしいです。

さらには海外論文などをとりあげて、治療効果を実態より良く書かれていることもありますが、エビデンスの低い論文を、都合よく加工しているケースが散見されます。

TMS治療は世界的に標準化されていて、より良い治療法があるのであれば、欧米ではすでに取り入れられています。ですので、「日本人に特別な方法」はないので、ご安心ください。

自院をアピールしたい気持ちは当院にもございますが、当院としてはなるべく等身大のTMS治療を理解した上で、治療選択肢として考えていただきたいと考えています。

TMS治療の医療機関を選ぶポイントまとめ

ご自身、またはご家族がTMS治療を受ける際は、ぜひ上記の7つのポイントをチェックして、安心できるTMS治療を受けられる医療機関を選ぶようにしましょう。

当院「東京横浜TMSクリニック」は、患者さまに安心して治療を受けていただくために、7つのポイントをクリアできるよう努力しています。

  • 適切な治療費
    継続的な治療も行いやすい3,300円/1回~の料金設定(基本は4,500円/1回~)
  • 通院のしやすさ
    最寄り駅は都心から15分圏の「武蔵小杉駅」。(駅から徒歩4分の好立地)
  • 精神科医の診察
    併設した武蔵小杉こころみクリニックと連携し、こころの臨床経験を積んだ精神科医が診察
  • 患者さまに合わせた治療提案
    患者さまの状態に合わせて、rTMS治療以外の治療法も適宜ご提案
  • TMS治療の知識アップデート
    医師4名を中心としたTMS専門チームでの研鑽と、TMS治療の第一人者である野田賀大先生の技術・学術指導を実施
  • 信頼できる治療機器
    FDA認証を受けた安定性の高いマグプロを導入
  • 正確な情報発信
    客観的なTMS治療の情報をホームページで発信中

安心してTMS治療を受けていただけるように、TMS治療の比較ポイントを紹介させていただきました。

最後にひとつ、本質的で重要なことをお伝えしたいと思います。

医院の理念と、そこで働く従事者の人格と倫理観

TMS治療は、倫理観を大切にして医療提供していく必要があります。

ここまでのすべてを総括しており、最も大事なポイントになるのが、医院そのものが持つ理念と、たずさわる医療従事者の人格と倫理性の問題です。

医師の側に高い倫理観がなければ、医療行為の第一目的が「患者さんを良くすること」ではなく、「営利の追求」となってしまう可能性を常に秘めています。

人を助けるための技術は習得しているとはいえ、医師も普通の人間であり、誰もが高い使命感と倫理観を持っているというわけではないことに、TMS治療を開始して大いに気づかされました。

TMS治療は自由診療であるがゆえに、特に営利性が強く表れやすい医療になります。

だからこそ、お金と時間をかけて治療を行う医療機関を選ぶうえで、「人」で選ぶということはとても重要なのです。

十分な心の臨床経験に基づいて「TMS治療が適切である」と判断しているか、ここは本当に重要です。

TMS治療のみしか選択肢がなければ、ただそれに誘導するだけになってしまいます。

私たちは患者様の立場で、TMSを治療選択肢として提案させていただきます。

誠実さや倫理観は、働く組織にも影響があります。

当院では誠実な医療の積み重ねで、良い医療者が集まるような組織を目指しています。

東京横浜TMSクリニックのご紹介

当法人は情報発信に力を入れており、2012年より開始したオウンドメディア「医者と学ぶ心のサプリ」と「こころみ医学」は、日本でも有数のメンタル情報サイトとして運営を行ってまいりました。

大切にしていたのは、「専門的な内容の質を落とさずにわかりやすく世の中に伝えること」、そして「情報の客観性」です。

TMS治療は非常に可能性に満ちた治療法で、あなたにとっても最適な治療法かもしれません。

ですが日本のTMS治療は黎明期にあり、安心いただけるTMS治療を受けられる環境とは決していえない現状です。

TMS治療は、治療のはじめは通院頻度も多いため、自宅や職場から通いやすさも重要です。

もしご自身の活動範囲内に東京横浜TMSクリニックがある場合は、ぜひ選択肢のひとつとしてご検討ください。

執筆者紹介

大澤亮太の画像

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年1月13日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -