【仕事と治療の両立を】土日集中TMS治療のご案内

週末集中治療のご案内のイラストです。

「お仕事が忙しくてなかなか日中に通院できない」「遠方で通うのが大変」

そういった方からご相談をいただく機会が少なくありません。

2週間以上のまとまったお休みが取れる患者様につきましては、短期集中治療をご案内させていただいておりました。

しかしながら連休はとれず、治療を断念される方もすくなからずいらっしゃいました。

このたび、当法人で蓄積したデータをもとに、治療効果が期待できる形での週末TMS治療を開始させていただきます。

週末TMS治療について

rTMS療法の大きなメリットは、集中的に治療することで短期間で効果が期待できることにあります。

当院では治療ノウハウに基づき、週末治療を開始させていただくことになりました。

  • 土日しか治療ができない
  • 連休は取れても数日

こういった方には、週末集中TMS治療をご案内させていただきます。

詳細は割愛させていただきますが、治療効果が期待できるプロトコールをご提案させていただき、治療スケジュールが可能な場合に開始させていただきます。

  • うつ病
  • 二次性のうつ状態
  • 強迫性障害

について、週末治療を実施することが可能となります。

効果が期待できる治療スケジュールや方法については、担当医の診察の中でご相談させていただきます。

当院のデータに基づいた方法

東京横浜TMSクリニックでは、データに基づいて治療ノウハウを蓄積しています。

治療間隔をあけずにTMS治療を行っていくことで、神経シナプスの変化が持続(LTP:long term potentiation)するようになり、治療効果につながることがわかっています。

しかしながら、どの程度の頻度で実施すれば効果が持続するのかについては、定まった見解がないのが現状です。

当院では、年間に1000件近くのご相談をいただき、500症例ほどのTMS治療経験、15,000件の治療セッションを蓄積しています。

適応患者さんとしての症例数は日本有数(おそらく日本最多)で、学会や研究会発表も行っています。

実際の治療においては、きっちりと理想的に通院できない方もいらして、そうした方の治療効果などもデータとして集積されています。

当院顧問の野田先生とも相談の上で、効果が期待できる最低限の治療ラインや、そのための注意点や方法が実務的にもデータ的にもわかってきました。

これが当院の治療ノウハウとなっており、理論面を野田先生に補完していただきながら治療を改良しています。

当院のTMS治療症例数

うつ病の治療成績

強迫性障害の治療成績

遠方にお住まいの方には無料電話相談も

遠方の方に対して無料電話TMS相談を行っております。

当院では、宿泊を要するような遠方からTMS治療を希望の方については、TMS治療専属医師による無料電話相談を受け付けています。

この時点で適応がありそうな場合に、スタッフが滞在治療スケジュールを調整させていただきます。

詳しくは、以下を参照下さい。

遠方にお住い患者様のTMS無料電話相談

カテゴリー:お知らせ, 重要なお知らせ  投稿日:2022年3月23日