044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

心理療法にiTBSを追加してニコチン依存を改善できるか?

禁煙(ニコチン依存症)とTMS治療のページに引用しています。

心理療法+iTBSは有効?

こちらの研究では、ニコチン依存症の心理療法にiTBSを4回加えたときに、治療効果が変化するかを探索した研究になります。

依存症では左DLPFCに対する高頻度刺激で渇望が軽減することがいわれてきましたが、今回の研究では認められませんでした。

ただ3か月の時点では禁煙率が高まることが示されており、中程度の効果が報告されています。

従来の心理療法に加えてiTBSを行うことで、効果が認められる可能性が示唆されています。

ただ4回という少ない刺激回数で症例も少なく、有効性について確たることはいえません。

論文のご紹介

ニコチン依存症に対して心理療法にTMS治療を加えた場合についての論文です。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に訳して引用させていただきます。

喫煙は世界的にみて主な死亡原因である。

喫煙をやめることで、喫煙前のレベルまで寿命を延ばすことができる。

無支援の試みは効果がないことが多く、認知行動療法(CBT)やニコチン置換療法、薬物療法の必要性が強まっている。それでも再発率は高い。

最近、前頭前野への経頭蓋磁気刺激により、再発を予測するニコチン渇望に変化があったことが示された。

パイロット研究では、CBTの追加治療として間欠的シータバースト刺激(iTBS)を4回行うことで、ニコチン渇望が減少し、長期的な禁煙(3、6および12ヵ月)が改善するかどうかを検討した。

喫煙者を刺激群(n=38)または偽刺激群(n=36)に無作為に割り付けた。

渇望の減少は見られなかったが、刺激群では3ヵ月後に高い禁煙率を示すことができた。6ヵ月後と12ヵ月後の禁煙率には有意な差は見られなかった。

しかし、12ヵ月後の結果は、この時点での2群間の離脱率に有意な差があるため、慎重に解釈しなければならない。

我々は、中程度のニコチン依存に対するiTBS追加治療の有益な効果を示す最初のエビデンスを提供した。

しかしながら、iTBSのセッション数が少なかったために、より長い効果が得られなかった可能性がある。

うつ病の治療と同様に、iTBSの維持セッションを行うことで、より持続的な効果が得られるかもしれない。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月6日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日