【うつ病68】20代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年2月~X年/2月の11日間
  • 主訴:憂鬱、不安感
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:iTBS(600発/回) 30回

これまでの経過

うつ病で他院に通院中の患者様です。

3月から転職予定で環境の変化をする前に症状改善を目指し、TMS治療を希望されました。

抗うつ薬、抗精神病薬を内服中です。

TMS治療経過

うつ病症例68の心理検査の結果をご紹介します
※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、iTBS(600発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の変化は感じない」とまだ効果を実感されませんでした。

TMS20回終了時には、「悲観的にならない感じ。日中はある程度読書が出来る。睡眠もとれ、食欲もある」と治療前にはできなかった些細なことが出来るようになりました。

TMS30回終了時は、「調子は悪くない。落ちこみや不安が減った。」と主訴の改善が見られました。

30回目の治療後にご本人様に直接お話ししたところ、「良くなった感じがします」と初回の時よりもとても表情が柔らかくなり、笑顔も見られました。

30回治療終了後はブースター治療についてご案内し、遠方からの患者様でしたので終診となりました。

症例のまとめ

通常TBS(600発/回)を1日3回行い、ほぼ毎日通院し、11日で治療を終えました。

治療10回目では、まだ効果を実感することが出来ませんでしたが、20回目以降から徐々に効果を感じられ、治療前にはできなかった些細なことから出来るようになりました。

遠方からの患者様で短期滞在中に治療を終えました。とても短期間でしたが、治療を欠かさず行うことによって、短期間で症状改善された症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年10月10日