【うつ病87】40代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/7月~X年/9月の64日間
  • 主訴:うつの再発、集中できない、睡眠バランスが乱れている
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール::倍量iTBS(1,200発/回)を30回

これまでの経過

高校時代に精神科通院歴があり、現在は他院内科にて精神科系薬剤による治療を継続中の患者様です。

抑うつ状態の寛解と再発を繰り返しているため、当院でのTMS治療を希望されました。

レキソタン(抗不安薬)、ハルシオン(睡眠導入剤)、デパス(抗不安薬・睡眠導入剤)を服薬されています。

TMS治療経過

うつ病87の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は「うつの部分はよくなってきた。仕事もまともにできるようになってきた」とお話され、抑うつ症状に変化が見られました。

途中、そわそわとした感覚が生じた日もございましたが、10回目までの間に段々と軽減してきたとのことでした。

TMS20回終了時では「通常に戻ってきた」とのお言葉がありました。

そわそわとした感覚もなくなり、抑うつ症状もさらに改善。日常生活での集中力も上がっているようでした。

抗不安薬等の減薬や、飲酒量の低減もできているとのことでした。

TMS30回終了時は「治療前と比べて、劇的に変わりました。周りからも明るくなったねと言われることが増えました」とのことでした。

集中力は抑うつ症状が出る前の状態に戻り、心理検査上でも症状の改善が認められる結果となりました。

当院でのTMS治療は終了し、他院での薬物療法を継続することとなりました。

症例のまとめ

週4日のペースから通院され、お仕事などの都合に合わせて1日2回治療も交えながら30回の治療を終えられました。

途中、通院がまばらになる期間もございましたが、回数を重ねるごとに抑うつ症状の改善が見られ、服用されていた薬剤の減薬まで叶えることができました。

抑うつ症状が何度も再発している患者様でしたが、そうしたケースでもTMS治療が有効であることを実感できる症例となりました。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、各クリニックでコンセプトをもち、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

医療法人社団こころみ採用サイト

また、当法人ではTMS診療の立ち上げ支援を行っており、参画医療機関には医療機器を協賛価格でご紹介が可能です。
ご興味ある医療者の見学を随時受け付けておりますので、気軽にお声かけください。

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2022年12月17日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

勝負が決まる場面で思うようなプレーができず、悔しい思いをしたアスリートの方もおられるのではないでしょうか。 競技中に手がふるえたり、動かなくなってしまったりして、いつも通りのプレーができなくなってしまうことがあります。 … 続きを読む スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

投稿日:

【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

目次 東京でのTMS治療 東京で安心できるTMSクリニック5選 東京でTMS治療を受けられるその他の16医療機関 TMS治療クリニックの選び方 東京横浜TMSクリニックについて 感染対策について 東京でのTMS治療 うつ… 続きを読む 【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

投稿日:

コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

臨床研究の概要 医療法人社団こころみ東京横浜TMSクリニックは、「コロナ後遺症に伴う不安抑うつ・認知機能障害に対する新規経頭蓋刺激療法(rTMS)による治療法開発に向けた多施設共同試験」を実施いたします。 新型コロナウイ… 続きを読む コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日: