044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

不安障害が合併したうつ病に対するrTMSの有効性

こちらの論文は、

のページに引用しています。

うつ病に合併する不安障害に有効

こちらの論文は、不安障害が合併しているうつ病患者さんに対するrTMS治療の効果を示した論文になります。

ランダムに偽刺激と実刺激をふりわけて比較してはいませんが、不安障害の合併の有無で治療成績を比較した場合に、寛解率は差がなかったという結論となっています。

うつ病に対するTMS治療の効果は既に明らかになっていますので、不安障害が伴っていてもTMS治療が有効であることが示唆されます。

この試験では、HAM―Aなどの不安障害の心理検査の改善なども認められていて、不安そのものも軽減していることがわかります。

248名の治療抵抗性うつ病患者さんでの結果になりますので、不安障害であってもうつ状態であるならば、TMS治療の効果は期待することができます。

こちらの論文などをもとに不安障害の合併したうつ病に対して、欧州ではTMS治療機器がCEマーク認証(医療機器としての認証)をうけています。

論文のご紹介

うつ病と不安障害の論文をご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

不安障害の合併は、一般的にうつ病患者の治療成績の低下と関連している。

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は治療抵抗性のうつ病に有効であることが示されているが、不安障害が合併したうつ病患者に対してrTMSを検討した研究はほとんどない。

本研究では、治療抵抗性の大うつ病性障害(MDD)と不安障害が合併した患者におけるrTMSの有効性を検討することを目的とした。

方法

本研究では、rTMSによる治療を受けた治療抵抗性MDD患者248名を対象とした。

そのうち172名は1つ以上の不安障害を合併していたため、不安障害を合併していない患者と治療成績を比較した。

結果

不安障害を合併している患者も合併していない患者も、rTMS治療後に抑うつ評価の改善が認められ、寛解率には群間で有意な差はなかった。

不安障害を合併する患者では、23.3%が寛解の基準を満たし、39.5%が反応の基準を満たした。

不安障害の診断ごとに、HAM-A、HAM-D21、MADRSおよびZUNGスコアの有意な低下が認められた(いずれもp = <0.001)。

限界

本研究は偽対照試験ではないため、プラセボ反応率は不明である。

また、患者は民間の精神科医から紹介されたものであり、すべてのうつ病患者を代表するものではない。

結論

本研究は、不安障害を合併している大うつ病性障害の患者に対して、rTMSが有効な治療法であることを示している。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年5月29日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -