反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)の抗うつ反応の耐久性:システマティックレビューとメタアナリシス

こちらの論文は、

のページに引用しています。

TMS治療を半数が治療効果を1年維持

こちらの論文は、TMS治療での効果を3か月、6か月、1年と追跡調査をしていって、その効果がどれくらい持続するかを調べています。

こちらによれば、TMS治療をうけた患者さんの半数は1年以上の効果が持続しているという結果となっています。

およそ3か月の時点では3分の2の反応でしたが、1年の経過の中では2分の1となります。

効果を持続している要因としては、維持療法をしていることと、女性であること、が挙げられています。

性差がどこまでTMS治療効果に影響しているのかについては、例えば女性は生物学的基盤がベースになるうつ病患者さんが多いなど、他の要因も関係していません。

男性は維持療法を受けたほうが良いというわけではありませんが、再発リスクが比較的高いと思われる方は、維持療法を検討したほうが良いことは間違いがなさそうです。

論文のご紹介

うつ病でのTMS治療の持続性や耐久性についてのメタアナリシスをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

治療抵抗性うつ病(TRD)の治療選択肢には、反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)を含む様々なニューロモジュレーション技術が含まれている。

rTMSは安全であり、短期的な有効性が証明されているが、抗うつ効果の持続性は十分に確立されていない。

目的

rTMSが誘発する抗うつ効果の持続性に関する既存のエビデンスを評価する。

方法

我々は、うつ病に対するrTMSの導入コース終了後3ヵ月以上経過した後に収集された抗うつ転帰尺度を報告する研究のシステマティックレビューを行った。

導入コースに反応した患者のうち、導入後3ヵ月後(m3)、6ヵ月後(m6)および12ヵ月後(m12)の反応率を評価するためにメタ分析的アプローチを用い、メタ回帰を用いて反応率の予測因子を検討した。

結果

2002年から2018年までに発表された19件の研究が含まれた。

18件はm3(732例)とm6(695例)で解析対象となり、9件はm12(247例)で解析対象となった。

初期奏効者のうち、m3で66.5%(95%信頼区間=57.1~74.8%、I2=27.6%)、m6で52.9%(95%信頼区間=40.3~65%、I2=0%)、m12で46.3%(95%信頼区間=32.6~60.7%、I2=0%)が奏効を持続し、大きなバイアスは認められなかった。

ランダム効果メタ回帰ではさらに、女性の割合が高いこと、および維持療法を受けていることが、特定の時点でのレスポンダー率の高さを予測することが示された。

結論

rTMSはうつ病に対して持続的な効果のある治療法であり、治療の導入コースが成功してから1年後までの持続的なレスポンダー率は50%である。

維持療法はrTMSの抗うつ効果の持続性を高める可能性があり、将来の臨床試験で体系的に検討されるべきであるとともに、臨床現場でも考慮されるべきである。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、各クリニックでコンセプトをもち、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

医療法人社団こころみ採用サイト

また、当法人ではTMS診療の立ち上げ支援を行っており、参画医療機関には医療機器を協賛価格でご紹介が可能です。
ご興味ある医療者の見学を随時受け付けておりますので、気軽にお声かけください。

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年2月25日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

臨床研究の概要 医療法人社団こころみ東京横浜TMSクリニックは、「コロナ後遺症に伴う不安抑うつ・認知機能障害に対する新規経頭蓋刺激療法(rTMS)による治療法開発に向けた多施設共同試験」を実施いたします。 新型コロナウイ… 続きを読む コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

投稿日:

TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

体に負担を与えずに脳にアプローチする治療法として、近年注目を集めている「TMS治療法」。心の病気に対する、新たな治療効果が期待されています。 世界中でエビデンスが蓄積されつつあるTMS治療ですが、日本でも正式な適応が認め… 続きを読む TMS治療は怪しい?問題点と誤解を解説

投稿日:

当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

治療成績 病名:うつ病 期間:2022年1月~2022年12月31日 症例数:117名(30回実施214名) 寛解率56% 反応率79%程度 2022年1月から、2022年12月末までに30回以上実施したうつ病・うつ状態… 続きを読む 当院のうつ病TMS治療成績(2022年1月~2022年12月末)

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日: