044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

線維筋痛症におけるrTMS

慢性疼痛(線維筋痛症)とTMS治療のページに引用しています。

左M1高頻度刺激は線維筋痛症のQOLを改善する可能性あり

こちらの論文は、線維筋痛症患者さんに対して左一次運動野に高頻度刺激を行った際のQOLの改善と脳内代謝を調べた研究になります。

38名の患者さんを高頻度刺激と偽刺激にランダムで分けて、QOLを評価しています。

このようにTMS治療によって、線維筋痛症の生活の質が改善する可能性が示されています。

その原因を調べるために、PETをつかって脳代謝の変化を調べたところ、右大脳辺縁系(内側側頭)の代謝増加が認められています。

このことが、情緒的側面でQOLの改善につながっている可能性を示唆しています。

症例数の少なさや盲検化などの課題はありますが、TMS治療が線維筋痛症に効果が期待できるかもしれないという可能性を示してくれています。

論文のご紹介

線維筋痛症に対するrTMSの論文をご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

目的

この二重盲検ランダム化プラセボ対照試験では、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)が線維筋痛症患者の生活の質(QoL)に与える影響と、その脳内代謝基質の可能性について検討した。

方法

左一次運動野への高頻度rTMS(n=19)または偽刺激(n=19)を、10週間にわたり14セッションで受けるよう、38名の患者をランダムに割り付けた。

主要な臨床アウトカムは、11週目終了時のQoLの変化で、線維筋痛症影響度質問票(FIQ)を用いて測定した。

副次的な臨床アウトカムは、36項目の短文健康調査(SF-36)を用いて測定した精神的および身体的なQoL要素に加えて、痛み、気分、不安などであった。

治療前、治療2週目、11週目に、安静時の[(18)F]-フルオロデオキシグルコースPET代謝を評価した。

全脳のボクセルベースの解析を行い、グループ間の代謝の経時的変化を調べた。

結果

11週目の時点で、実刺激群の患者は、偽刺激群に比べてFIQ(p=0.032)およびSF-36の精神に関連する項目(p=0.019)におけるQoLの改善が大きかった。

その他の臨床アウトカムについては、有意な影響は認められなかった。

偽刺激群と比較して、実刺激群の患者は、治療前から11週目までの間に右内側側頭代謝の増加を示し(p<0.001)、これはFIQおよびSF-36の精神に関連する項目の変化と相関していた(それぞれ、r=-0.38、p=0.043;r=0.51、p=0.009)。

QoLの改善は主に情緒的、感情的、社会的な側面に関わるものであった。

結論

本研究では、rTMSが線維筋痛症患者のQoLを改善することが示された。

この改善は、右大脳辺縁系の代謝の増加と関連しており、QoLに関わる情緒的側面に対するrTMSの影響には神経の基質が関わっている可能性が示唆された。

エビデンスの分類

本研究は、rTMSが偽刺激と比較して、線維筋痛症患者のQoLを改善するというClass IIのエビデンスを提供する。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年5月1日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日