044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

高頻度反復経頭蓋磁気刺激は帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減

こちらの論文は、

のページに引用しています。

帯状疱疹後神経痛にM1高頻度刺激が効果あるかもしれない

こちらは、帯状疱疹後神経痛に対してM1高頻度刺激が有効かどうか、40名の患者さんで行ったRCTになります。

治療効果としてプラセボも大きく、3か月で45~50%の痛み軽減効果が認められました。

6か月時点で比較すると、プラセボと比較して実刺激群では―16.89%となっています。

こちらをみると、帯状疱疹後神経痛に対してTMS治療の効果は期待できるかもしれません。

痛みと反対側のM1高頻度刺激は有望なターゲットのひとつですが、症例数も少ないため、本当に効果が期待できるかはさらなる研究が待たれます。

論文のご紹介

帯状疱疹後神経痛のTMS治療についてご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

目的

帯状疱疹後神経痛(PHN)は、特に高齢者において最も治療の困難な疼痛疾患の一つである。

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)が神経障害性疼痛を軽減するというエビデンスがあるが、PHNに対する有効性は不明である。

本研究では、PHN患者における高頻度rTMSの有効性を検討した。

試験設計

合計40名の患者を、一次運動野に対する実刺激または偽刺激rTMSを10セッション受ける群へ無作為に割り付けた。

各セッションでは、周波数10Hz、間隔3秒の5秒間のパルスを300回連続して行い、合計1500回のパルスを照射した。

主要評価項目は、初回介入時(T0)から最終刺激時(T10)までの各刺激前、並びに最終刺激から1ヵ月後と3ヵ月後(T11とT12)に測定した痛みの強さであった。

その他の結果として、短文McGill疼痛質問票、自己評価式抑うつ尺度、生活の質(QOL)、睡眠の質、患者全体の変化の印象、服薬調節、報告された有害事象などを測定した。

結果

実刺激群は、T0(P=0.399)とT1(P=0.091)を除く各時点で、偽刺激群よりもVisual Analogue Scale(VAS)の減少量が大きかった。

疾患期間が6カ月以上の場合、実刺激群の平均VAS低下率は16.89%であった。

これらの鎮痛効果は、QOLに関連する評価スケール項目の長期的な改善と関連していた。

結論

今回の結果から、rTMSはPHN患者において有効かつ安全な治療法であることが示唆された。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年4月25日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -