【ADHD④】18歳男性

プロフィール

  • 治療期間:X年4月~X年5月の30日間
  • 主訴:やる気が起きない、予備校に通えない
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS 30回 (1日1回と1日2回の併用)

これまでの経過

中学3年生の頃、ADD不注意優勢型と診断されています。

大学入試の時期から無気力感が強まって自宅閉居がちとなり、予備校に通えていない状態のために当院へ来院されました。

上記病状によりコンサータを半年程内服されていましたが、ご本人としては効果はよくわからなかったそうで、「集中力はちょっと上がったような気もしたが、食欲が下がってしまったためきつかった。ストラテラも過去に内服し、合わなかった」とのことで、TMS治療を希望されました。

TMS治療経過

ADHD④の心理検査の結果をご紹介します④の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を認め、自宅閉居がちで予備校に通えていない状態のため、うつ病の改善を目的として倍量iTBSを、1日1~2回で30回行いました。

10回目は、「気分は変わりない。1週間前から一人暮らしを始めた。」と、生活の変化はありましたが効果の自覚はありませんでした。

20回目終了時には、「1人暮らしは順調。料理は楽しめる。洗濯・掃除もできている。」と無気力感の改善が見られ、

30回目終了時には、「調子悪くない。美大に進学したい気持ちが戻ってきた。」と前向きな発言が認められました。

治療反応を認めて再発リスクも想定されたため、30回目終了後は維持療法をご案内しましたが、希望されなかったため終診となりました。

症例のまとめ

1日1回と1日2回併用の倍量TBSを30回、治療間隔を3日以上開けずに通って頂けたことで、30日間での抑うつ状態の改善を認めました。

二次性のうつ状態に対しては、TMS治療によって改善が期待できます。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月21日