【適応障害⑯】50代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/1月~X年/3月の64日間
  • 主訴:朝起きれない、常に疲労感あり
  • TMS治療の目的:疲労感、抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回)によるaTBS 30回

これまでの経過

昨年末、他院で薬物療法を行い効果を認めました。

しかし、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とブプロピオン(ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)・ドパミン再取り込み阻害剤)を内服して肝機能障害が出た為、薬物療法を中止しました。

うつ症状が悪化したため、薬物療法ではなくrTMS療法を希望されました。

TMS治療経過

適応障害⑯の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

疲労感、抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回)でaTBSとして30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の変化はあまり変わりないが、頭がぼーっとする感じが減ってきた」と、少し効果を感じていました。

TMS20回終了時には、「朝起きるのが楽になった。フワフワ感、ぼーっとする感じが軽減しました」と、朝起きることが出来るようになりました。

TMS30回終了時は、「疲れにくくなった。フワフワ感もほとんどない。調子よい」と、主訴の改善が見られました。

治療20回目以降から、ご本人様自体が効果を感じられ、治療日にお会いするときに笑顔が増えていました。

30回目以降はブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

治療間隔を3日以上空けることなく通院し、30回の治療を終えました。

治療20回目頃から、主訴である朝起きれないことが改善し始めました。また、疲労感も軽減しました。

最大3日空いた時もありましたが、欠かさず通院いただいたことで治療効果がしっかりと認められ、寛解できた症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日