【うつ病64】20代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年1月~X年/3月の44日間
  • 主訴:憂鬱、早朝覚醒、集中力・記憶力の低下
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回) 30回

これまでの経過

数年前にうつ病と診断されましたが、処方薬は服用しませんでした。

コロナウイルスに罹患したことをきっかけに集中力の低下を認め、薬物療法に抵抗があるためTMS治療を希望されました。

他院での治療歴はない方です。

TMS治療経過

うつ病症例64の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量iTBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の変化はない。食欲は出てきた。早朝覚醒は少なくなってきた。」とのことでした。

TMS20回終了時には、「睡眠・食欲は改善してきた。趣味への活力はまだ完全ではない。一時期よりはよくなっているが…。」と、10回目終了後では、治療日のみ気分が良いとのことでしたが、継続しているため治療効果の持続を感じました。

TMS30回終了時は、「調子良い。引き続き、睡眠や食事もとれている。まだ完全ではないが前よりも楽しめ、集中できるようになった。不安も減った。」と主訴の改善が認められました。

30回終了後は、ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

平日の来院が難しいとのことで、週3日以上でないと効果が得られにくい旨をご本人了承の上、土日(1日2回ずつ)での導入となりました。

平日も可能な日は来院していただき、30回目には主訴の改善が認められました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日