大うつ病性障害での抗うつ剤治療寛解後の中止:システマティックレビューとメタアナリシス

こちらの論文は、

のページに引用しています。

6か月以上の維持療法で20%の再発低下

こちらの論文は、抗うつ剤の維持療法について調べたメタアナリシスになります。

まずは全体として、抗うつ薬群はプラセボ群に比べて再発率が20%ほど低下しています。プラセボで60%程度の再発予防が可能ですが、抗うつ剤併用することで80%程度まで再発予防できます。

その必要な期間については、6か月から1年で特に大きな差が認めなかったことから、最低6か月以上が必要とされています。

また再発予防効果としては三環系抗うつ薬>SSRI>その他の新薬となりましたが、副作用とのバランスも考慮するとSSRIが最も良い成績となりました。

容量設定については、固定で同じ量で行くよりも、状態によって調整するほうが効果的とされています。

このように抗うつ剤については、再発予防に対する維持療法のエビデンスが蓄積されているのが、TMS治療と比較した際の薬物療法のメリットになります。

論文のご紹介

抗鬱剤の維持療法に必要な機関についてのメタアナリシスをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

アブストラクト

大うつ病性障害(MDD)の急性期治療が成功した後に遭遇する重要な臨床的問題は、うつ病症状の再発である。

抗うつ薬による維持療法の継続は一般的に推奨されているが、寛解のために継続して抗うつ薬を処方する必要があるかどうかについては、確立されたプロトコルはない。

今回のメタアナリシスでは、寛解を達成するために今まで使用していた薬剤を継続した場合とプラセボに切り替えた場合の再発および治療失敗のリスクを、臨床的に重要ないくつかのサブグループで評価した。

ランダム効果モデルを用いて、プールされたオッズ比(OR)(±95%信頼区間(CI))を算出した。

40件の研究(n=8890)において、抗うつ薬群はプラセボ群に比べて再発率が有意に約20%低かった(OR=0.38、CI:0.33-0.43、p<0.00001;20.9% vs 39.7%)。

抗うつ薬群とプラセボ群の再発率の差は、三環系抗うつ薬(25.3%、OR=0.30、CI:0.17-0.50、p<0.00001)、SSRI(21.8%、OR=0.33、CI:0.28-0.38、p<0.00001)、その他の新薬(16.0%、OR=0.44、CI:0.36-0.54、p<0.00001)の順に大きかったが、忍容性に対する効果量はSSRIが他の抗うつ薬よりも大きかった。

プラセボとの比較では、柔軟な用量設定(OR=0.30、CI:0.23-0.48、p<0.00001)の方が、固定用量(OR=0.41、CI:0.36-0.48、p<0.00001)よりも効果量が大きかった。

また、寛解後に6ヵ月以上の継続投与を行った研究でも、抗うつ薬の継続使用は、プラセボの使用よりも再発率が低かった(OR=0.40、CI:0.29-0.55、p<0.00001;20.2% vs 37.2%)。

再発率の差は、維持期間6ヵ月(OR=0.41、CI:0.35-0.48、p<0.00001、19.6% vs 37.6%)から1年以上(OR=0.35、CI:0.29-0.41、p<0.00001、19.9% vs 39.8%)まで同様であった。

抗うつ薬群とプラセボ群の全原因による脱落率は、それぞれ43%と58%であった(OR=0.47、CI:0.40-0.55、p<0.00001)。

忍容性の割合は両群とも~4%であった。

青年期の再発率(OR=0.32、CI:0.18-0.64、p=0.0010、41.0% vs 66.7%)および全原因による脱落率は成人に比べて高かった。

再発や治療失敗を防ぐためには、維持療法を行い、寛解後少なくとも6ヵ月間は慎重に対応することが推奨される。

SSRIはバランスのとれた薬剤であり、再発予防には柔軟な用量調整がより効果的である。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月22日