【不安障害⑧】50代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/1月~X年/3月の78日間
  • 主訴:イライラ、不安、外食が苦手
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:右低頻度rTMS(1,800発/回) 30回 

これまでの経過

20歳頃に精神科を初めて受診されました。

仕事のストレスでイライラや落ち込み、意欲低下を認め、嘔吐恐怖や電車への不安感があり、減薬目的でTMSを希望されました。

他院で処方されていたトフラニール(抗うつ薬)、スルピリド(向精神病薬)、セディール(抗不安薬)を服用中であった。

TMS治療経過

不安障害⑧の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、右低頻度rTMS(1,800発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分の変化はまだ感じないが、イライラや不安は前ほどではない。」とのことでした。

TMS20回終了時には、「まだあまり実感はないが、イライラや不安は治まっているかもしれない。落ち込みはまだある。

睡眠は、深い眠りになってきた気がする。」と、不安・イライラの改善が少しみられました。

TMS30回終了時は、「落ち込みは強く無くなった。外出もできるようになり、仕事中のイライラもなくなった。食欲・睡眠OK」と、主訴の改善が認められました。

ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

週3日の来院が難しいとのことでしたので、治療効果が下がる可能性があることをご説明し、ご本人了承の上で治療を行いました。

治療の効果は緩やかでしたが、30回実施後には明らかな主訴の改善が認められていました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日