【適応障害⑰】30代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/11月~X年/12月の43日間
  • 主訴:何もしたくない、人と会いたくない、ひたすら寝ていたい、意欲低下
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、不安状態の改善
  • TMS治療プロトコール:平日特別プランの通常TBS(600発/回) 30回 

これまでの経過

精神科初診は高校生の頃になります。

当時は親御様との折り合いが悪かった様子で1-2回の通院で終診しました。それ以降は受診していませんでしたが、明らかなストレス因ののちに、ここ1か月で意欲低下、人と会いたくなくなり始めました。

薬はなるべく服用したくないとの理由で当院へ受診し、TMS治療を希望されました。

ジストニアに対してボトックス注射を投与しています。

TMS治療経過

適応障害⑲の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

うつ状態を改善するため、特別プランでの通常iTBS(600発/回) を30回行いました。

TMS10回終了時は、「頭痛もない。ジストニアにも悪さしていない。気分の変化はまだ感じない。」と、まだTMS治療の効果は実感されていませんでしたが、ジストニアに影響はなく、治療が行えました。

TMS20回終了時には、「落ちこんでも前ほど深く落ち込むことはなくなった。布団から出たくない感じが軽減した。ジストニアは悪化していないし、一番ひどい症状は出なくなった」と、治療の効果を感じ始めました。

TMS30回終了時は、「調子よい。落ちこみ、億劫感が軽減した」と主訴の改善が認められました。

ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

平日の午前中のみと限られた時間の中、ほとんど毎日通院され、無事30回終えることができました。

ジストニアを患っていましたが、問題なくTMS治療を行うことができました。

10回目までは、治療効果を実感されませんでしたが、20回目以降からは、ご本人様も治療効果を実感され、主訴である意欲低下を改善することができました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日