前頭前野へTMSを適用するためにF3位置を特定するための効率的かつ正確な新手法

こちらの論文は、

のページに引用しています。

BeamF3法がDLPFCを正確に同定

こちらの論文は、うつ病のターゲットであるDLPFCの刺激部位を同定する方法として、BeamF3法の有用性を示した報告になります。

DLPFCは、脳波を測定する際のF3の位置に相当しますが、これを測定して同定していくのは手間がかかり、またヒューマンエラーの可能性も高くなります。

BeamF3法では、3つの頭部の数値を測定することで、アルゴリズムに基づいてF3の位置を特定できます。

従来は5㎝法がとられてきましたが、BeamF3法が提唱されてからは、海外では標準的なターゲット同定方法となっています。

DLPFCはそれなりに大きいのですが、BeamF3法によってしっかりと刺激部位を同定することで、フォーカスのしっかりした8の字コイルが効果的に作用させることができます。

論文のご紹介

TMS治療のターゲットであるDLPFCはBeamF3法が最適に同定できます。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

アブストラクト

International 10-20 systemは、脳波(EEG)の電極を標準的に配置する方法である。

10-20 systemは、外部の頭蓋骨の位置とその下の皮質領域を相関させる。

このシステムは、4つの基本的な解剖学的ランドマーク間の円周と距離の一定の割合を使用することにより、患者の頭蓋骨サイズのばらつきを考慮している。

この10-20 systemは、近年、経頭蓋磁気刺激(TMS)の研究において、特定の皮質領域の位置を特定するために使用されている。

うつ病(およびある種の痛み)の治療では、TMSコイルを左背外側前頭前野(DLPFC)の上に配置することが多く、これは10-20 systemによって与えられたF3の位置に対応している。

しかし、10-20 systemの使用経験が少ないと、多くの測定と計算を行うのに非常に時間がかかる。

また、測定値が多ければ多いほど、ヒューマンエラーの可能性も高くなる。

このため、私たちは、頭蓋骨の3部位を測定するだけで、F3の位置を見つけることができる、よりシンプルで迅速な新しい方法を開発した。

この論文では、新しいF3位置測定システムの応用例を説明し、F3位置の計算に使用する公式を示し、10人の健康な成人のデータをまとめた。

International 10-20 systemとこの新しい方法の両方を使用した結果、新しい方法は十分に正確であると思われるが、この方法の有用性と潜在的な限界をより詳細に分析するためには、今後の調査が必要であろう。

このシステムは、前頭前野のコイル配置の最適な位置を見つけるための時間とトレーニングを殆ど必要とせず、10-20 EEG systemに比べてかなりの時間を節約することができる。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、各クリニックでコンセプトをもち、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

医療法人社団こころみ採用サイト

また、当法人ではTMS診療の立ち上げ支援を行っており、参画医療機関には医療機器を協賛価格でご紹介が可能です。
ご興味ある医療者の見学を随時受け付けておりますので、気軽にお声かけください。

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年7月27日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

勝負が決まる場面で思うようなプレーができず、悔しい思いをしたアスリートの方もおられるのではないでしょうか。 競技中に手がふるえたり、動かなくなってしまったりして、いつも通りのプレーができなくなってしまうことがあります。 … 続きを読む スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

投稿日:

【2024年2月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

目次 東京でのTMS治療 東京で安心できるTMSクリニック5選 東京でTMS治療を受けられるその他の16医療機関 TMS治療クリニックの選び方 東京横浜TMSクリニックについて 感染対策について 東京でのTMS治療 うつ… 続きを読む 【2024年2月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

投稿日:

コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

臨床研究の概要 医療法人社団こころみ東京横浜TMSクリニックは、「コロナ後遺症に伴う不安抑うつ・認知機能障害に対する新規経頭蓋刺激療法(rTMS)による治療法開発に向けた多施設共同試験」を実施いたします。 新型コロナウイ… 続きを読む コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

冬の寒さがメンタルに影響?「冬季うつ」の原因と対策

「冬になると気分が落ち込む」「寒さでやる気が出ない」と、冬になるたびに変化するご自身の体調に戸惑っていませんか? 不調を感じているご本人や、ときには周囲からも「寒さが苦手なだけだろう」と思われがちな冬の不調。 実は、冬季… 続きを読む 冬の寒さがメンタルに影響?「冬季うつ」の原因と対策

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日: