【うつ病⑪】43歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年6月~X年7月の42日間
  • 主訴:仕事起因の大きな不安、イライラ感
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回) 30回  

これまでの経過

他院の光トポグラフィ検査でうつ病パターンを認め、以前薬物療法を行うも奏功しなかったため、TMSをご希望されました。

2010年にパキシル(抗うつ薬)、デパス(抗不安薬)による薬物療法を行っていますが、合わなかったとのことです。

TMS治療経過

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、1日1回治療と1日2回治療を組み合わせ、倍量TBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「見る夢の内容が変わった。仕事の夢がそうじゃないものになった。」と睡眠に変化を感じていました。

TMS20回終了時には、「睡眠深くなった。仕事に追いつめられる夢がなくなった。落ち込みは治療開始前よりよい。食欲もOK。」と、気分の変化が見られました。

TMS30回終了時は、「調子はよい。落ち込みも減った。集中もできるようになった。」と、主訴の改善が認められました。

遠方からの通院のため維持療法は行わず、終診となりました。

症例のまとめ

遠方にお住まいの患者様ですが、短期滞在ではなく通院での治療を行っていただきました。治療間隔を3日以上空けることなく通っていただき、主訴の改善が認められました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月26日