【うつ病⑭】49歳男性

プロフィール

  • 治療期間:X年3月~X年6月の74日間
  • 主訴:無気力、不眠傾向
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、強迫症状の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS30回 (1日2回週2回のaTBS)

これまでの経過

30年前に精神科を受診し、うつ病と診断されました。

投薬治療を1か月ほど続け、始めは効果を認めていましたが徐々に効果が弱くなってきたため、その後は通院せず自力で治したそうです。

今回他院にてASDと診断されTMSを勧められましたが、費用面で他院での治療は断念し、当院での治療を希望されました。

TMS治療経過

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

平日は倍量TBS、日曜日はaTBS、30回まで施行しました。

TMS10回目終了時、「前よりも気分が落ち着いて来たのは良かった。楽しいという感覚も戻ってきた」という発言がありました。

TMS20回目終了時には「調子もよく気持ちも上向いた」、「落ち込みも減り気持ちの高まりやイライラ感も減った」との事。

TMS30回目終了時は「調子よくなり落ち込みや不安が減った」、「しばらく行かなかったジムも再開しようかと思っている」と効果を感じていらっしゃいました。

今後については維持療法を勧めており、ご検討いただいています。

症例のまとめ

TMS治療の回数を重ねるごとに落ち込むことが減り、気持ちの上向きを実感できたケースです。

反復エピソードのために維持療法が望ましいため、週1~隔週の維持療法を検討いただいています。

他院にて発達障害の診断となっていましたが、根拠の乏しい画像検査だけでの診断であり、積極的には疑えませんでした。

このためTMS治療によって、まずはうつ状態の改善を目指し、治療効果があらわれて社会適応も改善しました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月20日