【強迫性障害①】47歳女性

プロフィール

  • 治療期間:X年6月~X年7月の52日間
  • 主訴:他人への加害恐怖、不潔恐怖
  • TMS治療の目的:強迫症状の改善
  • TMS治療プロトコール::deepTMS(2,000発/回) 30回

これまでの経過

X年5月頃より仕事でプレッシャーがかかり、元々あった強迫症状が増悪しました。

具体的な症状は、「自分が作ったものや食器が汚くて、誰かが調子崩したらどうしよう。」「仕事で人と接する際に強迫症状がある。」「個人情報が気になって紙を捨てられない。」「運転をしていて人にぶつかってしまったのではないか、轢いてしまったのではないか。」「誰かが自分のせいで迷惑を被るのではないか。」といった不潔恐怖や加害恐怖が強まっていました。

できれば薬を使用したくないとのことで、当院のdeepTMS治療をご希望されました。

35歳時に強迫性障害と診断され、薬物療法を行っています。

デプロメールを内服し、 効果の自覚は認めていました。

TMS治療経過

強迫性障害症例1の心理検査の結果になります。

※Y-BOCSは強迫性障害の重症度評価です。

強迫症状を改善するため、deepTMS(2,000発/回)を30回行いました。

暴露行為は、治療7回目から開始。

7回目~9回目は、治療ブース内にある水道でお皿を実際に洗ってもらいました。

「自分が洗った食器への恐怖が全く無くなった」とのことで、10・11回目は、強迫症状が誘発される物事を治療前1分間思い出してもらいました。

12・13回目は、スタッフの過去のシフト表を破かずそのままゴミ箱に捨ててもらいました。

14回目以降、スタッフ用ペーパータオルを床に逆さに落としてもらいました。

TMS10回終了時は、「強迫が減ってきたと思う。囚われていても仕方ないなと思えるようになってきた。」と効果の実感がありました。

TMS20回終了時は、「強迫症状は気にはなるけど、しょうがないと思える。強迫行為も我慢できる日もある。前よりも我慢できる感覚がある」とのことでした。

TMS30回終了時、診察では「調子よい。強迫症状が減った。我慢できるようになってきた。」と、治療ブースでは、「今私生活で困っていることが無くなった。」と、効果を実感されていました。

良好な治療反応をみせ、終診となりました。

症例のまとめ

かなり早い段階で効果を実感されていました。

強迫性障害に対しては抗うつ剤も併用して治療していくことが一般的ですが、ご本人の希望があり薬を使わずにTMS治療を開始しました。

週3回の通院が厳しいとのことで、当初は10回での治療終了をご希望されました。

担当医師より治療の特性をご説明し、11回目以降は1日2回治療を行いました。

30回目まで治療を受けていただいたことにより、主訴の改善が認められました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月21日