【うつ病⑦】52歳女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年3月~X年5月の19日間
  • 主訴:断薬、頭痛がひどい
  • TMS治療の目的:減薬
  • TMS治療プロトコール:aTBS(1200発×2回)30回

これまでの経過

2年半前からうつ症状があり、かかりつけのクリニックに通院、サインバルタ20mg(抗うつ薬)を内服していました。

十分量の抗うつ薬を使って治療を行っていましたが、抑うつ状態が消長していました。休職中に、TMSをご希望されました。

TMS治療経過

うつ病症例7の心理検査の結果になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

薬ではない治療を希望しTMS治療を開始することになりました。

一日2回(2400発)のプロトコールを30回行いました。

10回目終了時はまだ気分は大きく変わりませんが、夜眠れるようになり中途覚醒が減りました。

20回目終了する前になると調子も良くなり、朝の起きやすくなり支度が早くなるなど、「今まで出来なかったことが出来るようになった」「会社で嫌なことがあっても引っ張らなくなった」など良い傾向が増えていきました。

30回目終了時にはサインバルタの服薬をやめることが出来ました。

維持療法へ移行となり、最初の2週間は週1日で2回の治療(aTBS)行っていくことになりました。

症状が悪化することがなければ、週1日で1回の治療(iTBS)、さらに2週間に1回の治療へと間隔をあけて治療終了を目指していく方針となりました。

症例のまとめ

前向きな気持ちで急性期に一日2回の治療を集中的に受けたことで、早期に改善傾向が現れました。

目的である断薬を行うことが出来た症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月18日