【うつ病⑮】51歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/7月~X年/8月の37日間
  • 主訴:倦怠感、思考抑制、漠然とした希死念慮
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS(1,200発/回)30回、1日2回のaTBS

これまでの経過

当院心療内科に継続通院いただいており、レクサプロ(抗うつ薬)、デエビゴ・レンドルミン(睡眠薬)を内服していました。

反復性うつ病性障害の診断で薬物療法を行っていましたが、うつ状態の再発がみられて休職を悩まれていた際にTMS治療をご案内させていただきました。

「短期間の休職で済む可能性があるなら」とのことで職場と調整いただき、1ヶ月休職できることになり、aTBSを行うこととなりました。

TMS治療経過

うつ病症例15の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、1日2回治療で倍量TBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「朝の倦怠感が減った。」とのこと。

TMS20回終了時は、「だるさがとれてきた。午前中の調子も前よりはよい。」と良い傾向が増えていきました。

TMS30回終了時は、「調子悪くないと思う。こないだゴルフの打ちっぱなしに久しぶりに行ったら楽しめた。就労への意欲はあがった」と、気分の改善が認められました。

今の状態を維持させるために、2週間に1回のペースでTMSの維持療法を施行することとなりました。

治療ブースではいつも表情が乏しく、発言も少なく声にも覇気がありませんでしたが、30回頃には話し方もハキハキされてきて、発言も増えました。

症例のまとめ

1日2回治療を行い、主訴の改善が認められました。

短期集中治療によって1か月の休職期間で社会復帰ができました。

TMS治療のメリットは再発率の低さで、抗うつ剤との併用はさらに再発率を低下させます。

うつ状態を繰り返されている方にとっては、TMS治療は良い適応であることを実感した症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月26日