【うつ病②】43歳女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/5月~X年/7月の54日間【維持】x年7月~
  • 主訴:不眠、交通事故をきっかけによる抑うつ状態
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBS(1,200発/回)30回

これまでの経過

10年前より睡眠障害にてマイスリーを頓服的に内服されていましたが副作用あり。

2021年3月に交通事故を契機に抑うつ状態を認めました。

薬で副作用が出やすく、薬を使用しない治療をご希望のため来院されました。

X年4月に他院にて、レンドルミン・ハルシオン(睡眠導入剤)、セルシン(抗不安薬)を内服されましたが、来院時には何も内服されていない状態でした。

TMS治療経過

うつ病症例2の心理検査をまとめた図になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、1日1回治療と2回治療を組み合わせ、倍量TBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時には、「気持ちが軽くなってきた。」とのことで、TMS20回終了時は、「だいぶよくなった。」と効果を実感されていました。

TMS30回終了時は、「調子よい。楽しい気持ちが出てきた。」と抑うつ状態の改善が認められました。

後半は治療ブースで冗談を言われるほど、スタッフから見ても明らかな気分の変化がありました。

効果安定のため、維持治療へ移行しました。

症例のまとめ

ご自分のペースで無理なく通って頂き、主訴の改善が認められました。

初診時の心理検査では症状が重たいのですが、治療後は症状がほぼ消退して寛解が得られました。

TMS治療が著効したケースになり、10~20回程度のTMS治療後から明らかな変化がスタッフにも感じ取れた症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年7月24日