【うつ病㉒】45歳女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/2月~X年/4月の46日間(30回終了)
  • 主訴:情緒不安定、頭痛、不眠
  • TMS治療の目的:挙児希望のため減薬希望
  • TMS治療プロトコール:倍量iTS30回 (1日1回と1日2回のaTBSの組み合わせ)

これまでの経過

仕事がきっかけでうつ病と診断され、精神科に通院中。

他院にて処方されている、サイレース(睡眠導入剤)、サインバルタ・トレドミン(抗うつ薬)を服薬されていました。

ルーラン(抗精神病薬)も服用していましたが、妊活中のため中止したところ症状が悪化したため、rTMS治療を希望されました。

TMS治療経過

うつ病症例22の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

うつ病の改善を目指すTMSプロトコルを30回行いました。

TMS10回終了時には「調子よくなってきた。睡眠は変わらないが日中が元気になった。モヤがなくなった感じ。」と、初回から効果を感じていました。

そのまま30回まで継続し、TMS30回終了時には「日中の体調がよい。何か予定があっても動けるようになった」とのことでした。

減薬は出来ませんでしたが、状態は安定していたので維持療法に移行することになりました。

ご本人の希望があり、5日に1回の頻度で維持療法を行っています。

症例のまとめ

減薬希望で治療を始めましたが、30回の治療中には減薬に至りませんでした。

ですが、TMSで悪化した状態が戻り、維持治療を続けながら減薬を目指していくこととなっています。

抗うつ剤の併用は再発予防効果を高めるため、まずはベンゾジアゼピン系の睡眠薬からの減薬を目指しています。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月28日