【うつ病㉝】55歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/2月~X年/3月の24日間
  • 主訴: 憂鬱になる、頭が回らない
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTMS30回 (1日2回週5回のaTBS)

これまでの経過

精神科初受診は15年前、仕事のストレスで抑うつ状態となり通院しました。

その後2施設受診し、現在も他院に通院中です。

調子はよくなっていましたが、飲食関係の仕事のためコロナにより倒産し、抑うつ状態が悪化してしまいました。

十分量の薬物療法を行いましたが抑うつ状態が遷延してしまい、TMS治療を希望されて当院に来院となりました。

15年前の心療内科通院時は、漢方中心の治療を2年続けていました。

7年前に脊髄性頚椎症のオペを受け、その後から社会復帰ができず、半年入院歴もあり、4年休職も経験しています。

現在も他院にて、レンドルミン・マイスリー(睡眠導入剤)、リボトリール(抗不安薬)、イフェクサー・サインバルタ(抗うつ薬)を服用しています。

TMS治療経過

うつ病症例33の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

うつ病で他院通院中のため、倍量TBSを1日2回のaTBSプロトコールにより、iTBSを30回行いました。

TMS10回終了時には、「調子よい。頭がスッキリしてきた。この治療が合っている。」と効果を実感され、30回まで継続しました。

TMS30回終了時には、「調子よくなった。落ち込みも減って、睡眠もとれている。薬もしっかり内服できている。」と抑うつ状態が改善されたため、TMS治療は終了となりました。

治療後のフォローとしては、かかりつけ医に通院しつつ、状態が悪化した場合にブースターTMS治療をご案内しました。

症例のまとめ

TMS治療と薬物療法を併用して行うことで、抑うつ状態の改善が認められた症例になります。

薬物療法の反応が限定的であった場合は、メカニズムの異なるTMS治療は効果が期待できることが確認できた症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月23日