【社交不安障害①】28歳男性

プロフィール

  • 治療期間:X年5月~X年7月の63日間
  • 主訴:人前で緊張する、入眠困難、意欲低下
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール: aTBS(1200発×2回)30回

これまでの経過

今春、寝つきの悪さ、赤面、緊張による発汗、人前で体が熱くなる、やる気が出ないなどの症状が出現したことから、他院の精神科にて検査を受けました。

治療のため今後通院するにも遠方だったことから、転院希望で当院に来院しました。

学生の頃に海外から個人輸入した選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を内服したが合わなかったこともあり、当院でのTMS治療を希望し治療開始となりました。

TMS治療経過

社交不安障害1の心理検査の結果になります。

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態の改善を目的に、TMS治療を開始することになりました。

一日2回(2400発)のiTBSプロトコールを30回行いました。

10回目終了時は「なんとなく良くなってきた、モヤが取れてスッキリした感覚」が出てきました。

20回目には「会社のエレベーターで心臓を掴まれるような感覚がなくなり、会社に行くことが楽になった」など、改善したことを自覚できるほどに改善を認めました。

30回目終了時には、「落ち込みや不安もなくなり、集中力が上がった」など、更なる改善が認められました。

「環境を変えて転職を考えているため様子をみたい」とのことで、維持療法には移行せず終診となりました。

症例のまとめ

週2日の治療が続く中でも一日2回の治療を行ったことで、うつ状態の改善が認めれれた症例です。それによって社交不安も軽減し、前向きに社会生活を過ごせるようになりました。

不安障害にうつ状態を合併した場合は、まずはうつ状態をしっかりと改善することが大切で、TMS治療はその治療選択肢のひとつになります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年8月22日