【うつ病㉟】51歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/12月~X年/3月の78日間
  • 主訴:調子が悪いと朝起きられない
  • TMS治療の目的:うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS30回 (平日:1日1回 土日:1日2回のaTBS)

これまでの経過

数年前他院の精神科を初めて受診。最初4か月は休職して症状改善されましたが、復職後体調を崩されました。

薬物療法で効果が不十分なため、TMS治療をご希望されました。

精神科にて処方されたサインバルタ、ミルタザピン(抗うつ剤)、エビリファイ(抗精神病薬)、レンドルミン(睡眠薬)を服薬されていました。

3~4カ月前から、心理カウンセリングも行っていました。

TMS治療経過

うつ病症例35の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

うつ症状あり他院通院中のため、うつ病の改善を目指すiTBSを1日1~2回のaTBSプロトコールで30回行いました。

TMS10回目には、「特に副作用はなく、効果を実感している。」とのことでした。

20回目の時には、奥様からも「調子がよさそうに見える」というお話があり、薬は変わっていませんが、主治医への通院頻度も減ってきました。

30回目終了時には、「調子よい。大丈夫かな、不安だなと思うことも減ってきて、気分も安定している」と、奥様からみても「落ち着いている。」とのことでした。

維持療法として週1回TMS治療をしており、状態も安定しています。

症例のまとめ

週3回以上治療するため、ご本人の予定に合わせ、1日1回治療の日と2回治療の日を組み合わせて行いました。

なるべく間隔を空けず治療することにより、ご本人や家族の方も治療効果を実感しやすいと感じました。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月2日