044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

【うつ病㉞】56歳男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/2月~X年/3月の40日間
  • 主訴:抑うつ状態、不安、フラッシュバック等の遷延
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善、フラッシュバックの軽減
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS30回 

これまでの経過

仕事自体はずっとストレスフルな感じでしたが、コントロールはできていました。

交通事故に遭い抑うつ状態を認め、他院にて抑うつ状態、不安障害、PTSDと診断されました。

1年半年前から他院にて処方されたパキシル(抗うつ剤)、ランドセン(抗不安薬)、レンドルミン(睡眠薬)を服用していました。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対して、エビデンスのある心理療法のEMDRの治療もしましたが、効果が乏しかったためにTMS治療を希望されて来院となりました。

TMS治療経過

うつ病症例34の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

まずはうつ状態を改善するため、iTBSを30回行いました。

TMS10回終了時には、「睡眠がとれるようになってきた。最初は疲れ目のような感じがあったが慣れてきた。フラッシュバックも明らかに減っている。せき止められた川が流れ始めた感じ」と、効果を感じられていました。

調子が良かったのでそのまま30回目まで継続しました。TMS30回終了時には、「睡眠も深くなっている。意欲も改善しているので社会復帰もしようと思える。フラッシュバックも減っている」と、主訴の改善が見られました。

治療後のフォローとしては、症状が再発した時のためブースターTBSご案内し、いったんTMS治療は終了しました。

症例のまとめ

1日1回のiTBS治療を週5回通っていただく事で、明らかに症状の改善が見られました。

当初20回の治療をご希望でしたが、その後もペースを落とさず30回まで継続してもらうことで治療効果が安定しています。

うつ症状とともにフラッシュバックなどのPTSD症状も明らかに緩和しており、TMS治療の可能性を感じさせられた症例になります。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月2日

   

お問い合わせ

お問い合わせは、
総合窓口へ!

044-322-9381

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日

TMS治療についてもっと知る » -