【うつ病㊵】50代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/7月~X年/9月の53日間
  • 主訴:耳鳴り、不安、食欲低下、無気力、抑うつ状態
  • TMS治療の目的:抑うつ状態、不安の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量TBS(1,200発/回) 30回

これまでの経過

10年程前に軽いうつ病と診断され、薬物療法を受けられていました。

数年前から24時間耳鳴りの症状にお困りで、不安や無気力感等の抑うつ症状もあり、他院にて再度うつ病と診断されています。

10年前はジェフロイドと睡眠導入剤を2ヶ月内服されていましたが、ジェフロイドは効果が感じられなかったそうです。

耳鳴りに対しては、耳鼻科にて薬物療法を行っています。

抑うつ状態が薬物療法で改善しなかったため、当院にてTMS治療をご希望されました。

TMS治療経過

うつ病症例㊵の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、倍量TBS(1,200発/回)を30回行いました。

TMS10回終了時は、「気分は少し上向き、スッキリした感じ。耳鳴りはまだある。」と、気分の変化が見られました。

TMS20回終了時には、「調子悪くないと思う。気分は上向き。耳鳴りはまだある。睡眠は日によるが食欲はOK」と、食欲低下も改善していました。

TMS30回終了時は、「調子よい。気分も安定している。睡眠OK。」と、主訴の改善が認められました。

治療ブースでも、治療開始当初は不安そうでしたが次第に表情も明るくなり、「病院を変え、薬が変わったことで耳鳴りの頻度がかなり減った。TMSを受けて、まず気持ちが安定したことが良かったと思う」と、笑顔で治療を終了となりました。

調子が良く少し様子をみたいことで、ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

耳鳴りに対しては効果がありませんでしたが、不安や抑うつ状態に対しては治療効果が認められました。

耳鳴りに対しては聴覚野をターゲットにしたTMS治療が海外ではおこなわれていますが、まだ治療効果として確立したおらず、当院としてはおこなっておりません。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年10月23日