【うつ病㊽】30代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年/6月~X年/8月の62日間
  • 主訴:仕事について考えると涙が止まらなくなる、考えがネガティブな方向にいってしまう、やる気が起きず寝たきりになることが多い
  • TMS治療の目的:うつ病の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBSとaTBSを組み合わせて30回 

これまでの経過

20代半ばで発症し、中度のうつ病と診断されました。数年前まで他院にて薬物療法(内服薬:サインバルタ 60mg)をされていました。

うつ病を再発してしまいましたが、薬の副作用に苦しんだ過去があったため、当院にてTMS治療を希望されました。

TMS治療経過

うつ病症例48の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

患者様のご都合により治療1回目と2回目の間隔が1週間空いてしまいました。

10回目後の診察では気分の変化はみられませんでした。

20回目後の診察では、「作業の効率があがったような気はする」「気になったり不安になるのは波がある」「寝つきはよくなって睡眠時間は伸びた」「またライブに行きたいなとは思う」「音楽はきけるようになってきた」と、気分の変化を認めることができました。

30回目の診察時には、ペットが亡くなるという不慮の出来事が起こりましたが、「気分は落ち込んだが、調子は悪くないと思う」とうつ症状が増悪する様子は見られませんでした。

再発した際の治療法として維持療法を勧めましたが、ご本人より様子をみたいとの返答があったため、ブースターTBSの案内を行いTMS治療は一旦終了となりました。

症例のまとめ

通院の間隔が空くこともありましたが、治療7回目から14回目、16回目から21回目までは週に5日治療を行うことができました。

治療10回後の診察では気分の変化はみられませんでしたが、治療の間隔を工夫したことで20回後の診察時に気分の変化、改善を認めることができたと推察されます。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年2月5日