【うつ病62】20代男性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年12月~X年/1月の34日間
  • 主訴: 気分の落ち込み、意欲低下
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:aTBSと倍量TBS(1,200発/回)の組み合わせで30回

これまでの経過

他院の精神科初診は10年前で、社交不安障害と診断された患者様です。

薬物治療を行い、3年ほどで完治しました。しかし、ここ数ヶ月で意欲低下、気分の落ち込みがひどくなり、当院を受診し、うつ病と診断されました。

薬物治療ではなく、TMS治療を希望されました。

過去にデプロメール(抗うつ薬)を内服していましたが、現在は内服しておりません。

TMS治療経過

うつ病症例60の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、aTBSと倍量TBS(1,200発/回)の組み合わせを30回行いました。

TMS10回終了時は、「若干活力が出てきた。」と意欲が少し向上してきました。

TMS20回終了時には、「活力は出てきていると思う。ちょっとした問題があった時に、ネガティブに考えてしまうことがまだある」とまだ気分の落ち込みはありますが、治療前よりは軽減されているようでした。

TMS30回終了時は、「ちょっと楽になったと思う。掃除や洗濯がやりやすくなった。動き出すまでの時間が短くなった。仕事も頑張っている。」と治療前は動くことすらとても辛いぐらい、意欲が低下していましたが、治療終了時には活動的になり主訴の改善が見られました。

治療前は表情も硬く、無表情でしたが、30回終了後には、表情が柔らかくなり、笑顔が見られました。

ブースター治療についてご案内し、終診となりました。

症例のまとめ

冬、真っただ中でとても寒い日もありましたが、3日間以上治療を空けることなく、ほとんど1日2回治療を行い無事30回を終えることが出来ました。

うつ病の再発を起こした患者様にもTMS治療の効果を改めて実感できた症例です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年10月10日