【うつ病63】30代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年2月~X年/4月の52日間
  • 主訴:集中力・判断力が低下、マルチタスクが出来ない
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:aTBSと倍量TBS(1,200発/回)の組み合わせで30回

これまでの経過

2016年他院にて精神科を受診しました。2か月間通院し、ADHDの診断で薬物療法を行いましたが改善しなかったとのことです。

うつ状態が悪化し、TMS治療を希望し当院を受診しました。

2か月間通院していた時期にコンサータ(精神刺激薬)を内服していましたが、現在の内服薬は無しです。

TMS治療経過

うつ病症例60の心理検査のの結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

抑うつ状態を改善するため、aTBSと倍量TBS(1,200発/回) を組み合わせて30回行いました。

TMS10回終了時は、「治療を受けた日は気分がよい。睡眠と食欲は良い。」とのことでした。

TMS20回終了時には、「頭が回りやすくなった。治療後も効果が続くような感じ。」と10回目終了後では、治療日のみ気分が良いとのことでしたが、継続しているため治療効果の持続を感じました。

TMS30回終了時は、「落ちこみが減り、興味が出てきるようになった。料理を作る際にマルチタスクができるようになった。」と主訴の改善が認められました。

30回終了後は、維持療法、ブースター治療についてご案内し、維持療法を希望されました。

症例のまとめ

仕事と育児で大変な中、3日以上空けることなく30回治療を終えました。

治療20回目以降から効果を実感し始め、30回終了時には主訴を改善することが出来ました。

治療の推奨である20回以上を行い、効果が顕著に得られた症例です。

今後は、治療頻度を徐々に減らしながら維持療法を行う予定です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年10月10日