【うつ病66】20代女性

プロフィール

  • 治療期間:【急性期】X年12月~X年/2月の38日間
  • 主訴:集中力低下、抑うつ
  • TMS治療の目的:抑うつ状態の改善
  • TMS治療プロトコール:倍量iTBS30回 (1日2回aTBSとの組み合わせ)

これまでの経過

以前より短期記憶の低下を実感されていましたが、日常生活を送れていたので経過を見ていたとのことでした。

さらに記憶力が低下して明らかに支障がみられるようになり、また長文も話せなくなったように感じ、遅刻が増え納期も守れなくなってきたとのことでした。

日常生活に支障をきたしてきているため、当院を受診されました。

心療内科の受診歴はなく、当院が初診になります。

TMS治療経過

うつ病症例66の心理検査の結果をご紹介します

※HAM-D・MADRSは医療スタッフが評価するうつ症状心理検査で、SDSは患者さん本人の自覚症状を評価するうつ症状心理検査

うつ状態を呈していたため薬物療法をすすめましたが、副作用のことを心配されてrTMS療法を希望されました。

このため、うつ病プロトコールでのaTBSを行いました。治療開始後は副作用もなく経過しています。

10回目終了後は、「治療が終わるとスッキリした感じがある」との感想が聞かれ、治療後半まで治療後のスッキリ感は続いていました。

20回目終了後も治療後のスッキリ感は持続され、「調子も悪く無い。長文の読解もしやすくなった」との発言が聞かれるようになった。

30回終了後は、一旦治療を終わらせたいとの本人の意向があり、ブースターTMSについて説明し終了となりました。

症例のまとめ

治療開始直後から治療後のスッキリ感が始まり、それは治療終盤まで維持されました。

TMS治療開始直後から効果を実感されたことにより、治療に対し前向きに取り組む姿勢につながり、治療効果が発揮できた症例でした。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年6月17日