年齢は大うつ病性障害の低頻度経頭蓋磁気刺激の効果予測因子

こちらの論文は、

のページに引用しています。

若い人のうつ病の方がTMSは有効

こちらの論文は、抗うつ剤の補助としての右低頻度rTMS治療がどのような患者さんに有効なのかを調べた研究になります。

評価者をしっかりと盲検(どちらの治療群かわからないようにしている)にした研究なので、信頼できる研究になります。

こちらによれば、抗うつ剤の増強目的でTMS治療を行うにあたっては、右低頻度刺激では若い人には効果が期待できるという結果となっています。

反対にいえばそれ以外では、少なくとも難治例では効果が期待しにくいという結果となります。

うつ病に対しては、左高頻度刺激の方がエビデンスがそろっており、実際の臨床実感としても左高頻度刺激の方が改善率が高いように思います。

明らかな躁エピソードがある場合などでは右低頻度刺激を行いますが、やはり基本は左高頻度刺激の方が良いのかもしれません。

その他にも高齢者では若年者より効果が劣ってしまうことはその他の研究でもしめされており、若い人の方が効果が期待できることは確実と思われます。

高齢者では脳が委縮していく傾向にありますから、TMS刺激がうまく入らなくなるのはイメージとしても理解しやすいかと思います。

サマリーのご紹介

うつ病のTMS治療と年齢の関係(RCT)のご紹介

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。

以下、日本語に訳して引用させていただきます。

背景

経頭蓋磁気刺激(TMS)の大うつ病性障害に対する有効性は、現在のところ主に高頻度(>1Hz)刺激(HF-TMS)で研究されている。

しかし、低頻度TMS(LF-TMS)を用いた有効性研究のいくつかで、HF-TMSと比べてよりよい忍容性で同等の反応率が得られている。しかし、エビデンスは混在しており、議論の余地がある。

方法

無作為化2アーム比較臨床試験であった。34人の大うつ病性障害患者が、薬物治療の補助治療として、無作為に右背外側前頭前野への20セッションの実TMS治療または偽(シャム)TMS治療に割り振られた。

刺激パラメータは、60秒間に運動閾値の110%の強度で20トレインで、頻度は1Hzであった。盲検にされた外部評価者がハミルトンうつ病評価尺度を判定した。

結果

両治療群で有意な改善が見られたが、両者の間で統計学的差はみとめられなかった。

実TMS治療群で、年齢は試験終了時のうつ症状の改善と逆相関した(r=-0683 p=0.002)。ハミルトン評価尺度におけるスコア低下率は、45歳未満の患者で、それ以上の年齢の患者と比較して大きかった。(41.3 +/- 22.6 vs. 15.1 +/- 15.8; t=2.8 df=16, p=0.011)

これら実TMS治療のサブグループでは、うつ病性障害の既往歴でも現在のエピソードの治療抵抗性の指標でも有意な違いはなかった。

限界

小規模であり、難治性症例が多い。

まとめ

本研究では、抗うつ薬の補助治療としてのLF-rTMSは若年患者にだけ有効であった。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、各クリニックでコンセプトをもち、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

医療法人社団こころみ採用サイト

また、当法人ではTMS診療の立ち上げ支援を行っており、参画医療機関には医療機器を協賛価格でご紹介が可能です。
ご興味ある医療者の見学を随時受け付けておりますので、気軽にお声かけください。

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年1月20日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

勝負が決まる場面で思うようなプレーができず、悔しい思いをしたアスリートの方もおられるのではないでしょうか。 競技中に手がふるえたり、動かなくなってしまったりして、いつも通りのプレーができなくなってしまうことがあります。 … 続きを読む スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

投稿日:

【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

目次 東京でのTMS治療 東京で安心できるTMSクリニック5選 東京でTMS治療を受けられるその他の16医療機関 TMS治療クリニックの選び方 東京横浜TMSクリニックについて 感染対策について 東京でのTMS治療 うつ… 続きを読む 【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

投稿日:

コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

臨床研究の概要 医療法人社団こころみ東京横浜TMSクリニックは、「コロナ後遺症に伴う不安抑うつ・認知機能障害に対する新規経頭蓋刺激療法(rTMS)による治療法開発に向けた多施設共同試験」を実施いたします。 新型コロナウイ… 続きを読む コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日: