044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

肥満成人の体重および食物消費に対するrTMSの影響:ランダム化比較

過食症(摂食障害)とTMS治療のページに引用しています。

左DLPFC高頻度刺激が食欲を抑え、体重減少させるかもしれない

こちらの研究は、肥満患者さんに対して左DLPFC高頻度刺激を行い、食事量と体重変化を追った研究になります。

43名の肥満患者さんをランダムに分けて、本物の刺激と偽物の刺激にわけています。

結果としては、1週間に2回の合計8回の刺激で、実刺激群では―2.75㎏の体重減少と、食事摂取量の減少が認められました。

TMS治療の過食症(摂食障害)に対する肯定的な結果ではありますが、これをもって効果があるとはいえません。

誰が実刺激なのかもわからないように(盲検化)した研究を行っていく必要もあります。

効果が認められないという他の研究もあるので、さらに規模が大きく質の高い研究を行っていく必要があります。

実際にTMS治療を受けている患者さんの中には、食行動が落ち着くことも経験します。

さらなる研究で、治療効果が分かってくるかもしれません。

過食症が食物依存症としての側面が強かったり、うつ症状に伴うものであれば、TMS治療の効果が期待できるかもしれません。

論文のご紹介

摂食障害に対するTMS治療のRCTをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

いくつかの研究では、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)のシングルセッション後に、食への渇望が有意に減少したことが報告されているが、肥満被験者の食の消費と体重に対するrTMSのマルチセッションの効果に関する研究はほとんどない。

目的

肥満成人におけるrTMSの体重への影響を検討するため、4週間のランダム化偽刺激対照単盲検並行群間試験を実施した。

方法

18歳から70歳までの肥満患者43名(body mass index [BMI] ≥25 kg/m2)を、偽刺激群と実刺激群へ無作為に割り付けた(実刺激群21名、偽刺激群22名)。

左背外側前頭前野(DLPFC)を標的としたrTMSを4週間かけて計8回実施した。主要評価項目は、ベースラインから4週間までの体重変化(キログラム)。

副次的評価項目は、体格測定値、心血管危険因子、食物摂取量および食欲の変化であった。

方法

18歳から70歳までの肥満患者43名(body mass index [BMI] ≥25 kg/m2)を、偽刺激群と実刺激群へ無作為に割り付けた(実刺激群21名、偽刺激群22名)。

左背外側前頭前野(DLPFC)を標的としたrTMSを4週間かけて計8回実施した。

主要評価項目は、ベースラインから4週間までの体重変化(キログラム)。

副次的評価項目は、体格測定値、心血管危険因子、食物摂取量および食欲の変化であった。

結果

実刺激群の参加者は、8回のrTMSセッションの後、ベースラインからの体重減少が有意に大きかった(-2.75±2.37 kg vs. 0.38±1.0 kg、p<0.01)。

体重減少と同様に、4週目の脂肪量および内臓脂肪組織は、偽刺激群と比較して実刺激群で有意に減少していた(p<0.01)。

8回のrTMSセッションの後、実刺激群は偽刺激群に比べて1日の総キロカロリーと炭水化物の消費量が少なかった(p < 0.05)。

結論

左DLPFCに対する8セッションの高頻度rTMSは、肥満患者の体重減少を誘導し、食物摂取量を減少させるのに有効であった。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年4月8日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日