不眠症に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の効果:系統的レビューとメタ分析

こちらの論文は、

のページに引用しています。

TMS治療は不眠に効果があるかもしれない

こちらの論文は、不眠症患者さんのrTMS療法の効果について、先行研究をまとめて解析したメタアナリシスになります。

36の臨床試験の合計2357人のデータを解析したところ、rTMSはピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)の有意な改善が認められました。

とくに睡眠潜時(入眠までの時間)、睡眠障害、睡眠薬の使用の改善に良い結果が認められました。

rTMSは徐波睡眠とREM睡眠の増加によって睡眠の質を改善すると考えられていますが、ポリソムのグラフィーの結果にはばらつきがありました。

このようにrTMSは、不眠症の治療に効果が期待されますが、先行研究でも示されているようにプラセボ効果も大きくでやすいと思われます。

論文のご紹介

不眠症に対するrTMSのメタアナリシスをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は不眠症の治療に有望な技術である可能性がある。

利用可能な文献の包括的なメタアナリシスを行い、エビデンスを提供する。

目的

不眠症に対するrTMSの有効性と安全性を、単独療法または補完戦略として評価すること。

方法

CENTRAL、PubMed、EMBASE、PsycINFO、CINAHL、PEDro、CBM、CNKI、WANFANG、VIPを最も古い記録から2019年8月まで検索した。

不眠症患者に対するrTMSの効果を検討した英語および中国語で発表されたランダム化対照試験(RCT)を対象とした。

2名の著者が独立して論文選択、データ抽出、レーティングを完了した。Physiotherapy Evidence Database(PEDro)スケールを用いて、収録した研究の方法論的質を評価した。

メタ分析にはRevManソフトウェアを使用した。

エビデンスの質はGRADE(Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation)アプローチで評価した。

結果

28の適格試験から36の試験が含まれ、合計2357人の成人参加者(平均年齢48.80歳、男性45.33%)が参加した。

偽刺激と比較して、rTMSはPSQI総スコアの改善(SMD:-2.31、95% CI:-2.95~-1.66;Z=7.01、P<0.00001)および7つの下位尺度のスコアと関連があった。

他の治療と比較して、他の治療への補助としてのrTMSは、PSQI総スコアの改善(SMD:-1.44、95% CI:-2.00~-0.88;Z=5.01、P<0.00001)と関連し、7つの下位尺度のスコアに効果がある可能性があることが示された。

他の治療と比較して、rTMSはピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)総スコアの改善(SMD:-0.63、95% CI:-1.22~-0.04;Z=2.08、P=0.04)と関連し、7下位尺度である睡眠潜時、睡眠障害、催眠薬の使用に良い影響を与える可能性があった。

3組の比較では、ポリソムノグラフィー(PSG)の結果にはばらつきがあった。

一般に、rTMSは徐波睡眠と急速眼球運動(REM)睡眠の増加を通じて、睡眠の質を改善する可能性がある。

rTMS群は、偽刺激またはブランク対照群よりも頭痛を起こしやすかった(RR:1.71、95% CI:1.03~2.85;Z=2.07、P=0.04)。

重篤な有害事象は報告されなかった。

このメタアナリシスの結果を解釈する際には、報告バイアスおよびいくつかのエビデンスのグレードが低い、または非常に低いことを考慮する必要がある。

結論

我々の知見は、rTMSが不眠症に対する安全で効果的な選択肢となり得ることを示している。

より客観的で、QOLに関連した、追跡調査を伴う国際的な多施設、高品質のRCTがさらに必要である。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年3月12日