気分障害における経頭蓋磁気刺激(TMS)後の軽躁/躁転:システマティックレビューとメタアナリシス

こちらの論文は、

のページに引用しています。

TMSは操転を生じにくい

こちらの論文では、気分障害に対する躁転リスクを調べたメタアナリシスになります。

双極性障害を含む気分障害に対してTMS治療に関する25の研究を分析したところ、4つの研究で躁転の報告が認められました。

こちらを実施劇と偽刺激で比較したところ、統計的な有意差は認められませんでした。

双極性障害では躁転リスクには注意が必要ですが、現在のところTMS治療は躁転リスクが低いだろうと考えられています。

論文のご紹介

rTMSによる躁転リスクに関するメタアナリシスをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

背景

現在、神経学、精神医学の両分野で経頭蓋磁気刺激(TMS)の利用が増加している。

TMSが治療抵抗性うつ病の治療法として米国食品医薬品局(FDA)から承認された後、TMSは気分障害(MD)の文脈で広く使用されるようになった。

しかし、軽躁・躁転(HMS)発症の可能性に関する報告が増え、MDへの使用に関して懸念が生じている。

目的

MDの治療におけるTMSによるHMS発症の実際のリスクを調査すること。

方法

システマティックレビューのPRISMAガイドラインに従い、2020年3月22日にPubMed, Scopus, Web of Scienceで研究を主導した。

英語で書かれ、MDのTMS治療に焦点を当てた二重盲検/単盲検の研究のみを対象とした。

HMSを含む反復TMSプロトコル研究のメタアナリシスは、RevMan 5.4ソフトウェアを使用して実施された。

リスクオブバイアスの評価は、Cochrane risk of bias toolを使用して行われた。

このプロトコルはPROSPEROにCRD42020175811のコードで登録された。

結果

25の研究がメタ分析に含まれた。二重盲検ランダム化比較試験(RCT)21件、単盲検RCT4件(実刺激に関与した被験者数=576名、偽刺激プロトコルに関与した被験者数=487名)。

最も多く治療された病態は大うつ病エピソード/大うつ病性障害であり、抵抗性うつ病、双極性うつ病、その他のMDがそれに続いた。

研究の多くは反復TMSプロトコルを用い、左背外側前頭前野が主な標的部位であった。

副作用は8つの研究で報告され、4つの研究でHMS(より大きなエネルギー、不眠、過敏性、不安、自殺企図で表現される)が報告された。

実刺激TMSと偽刺激を比較した場合、HMSの発症リスクは条件によって有意な差はなかった。

主要アウトカムと測定法

主要アウトカムは、ベースラインから試験終了までのMontgomery-Asberg抑うつ評価尺度のスコアの変化であった。

副次アウトカムは、臨床反応、寛解および治療により生じた躁病または軽躁病であった。

結論

最も一般的なプロトコルと適切な予防措置を適用すると、TMSはHMSの発生と関係ないようである。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2022年3月12日