044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

044-322-9381

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日は18時まで 定休日:祝日

 

慢性原発性不眠症患者の治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の有効性

不眠症とTMS治療のページに引用しています。

TMS治療は不眠に効果が期待できる

こちらは、とくに原因のない不眠が慢性的に続いている方に対するrTMS治療の有効性について、ランダムにプラセボと割り振って行ったRCTになります。

120名と、比較的多くの症例数が含まれていて、rTMS治療、薬物療法、心理療法にランダムに分けて治療効果を比較しています。

こちらによれば、rTMS治療では、徐派睡眠(ステージⅢ)とレム睡眠が改善することで、睡眠構造が良い方向に変化したという結果となっています。

そしてTMS治療群では、再発・再燃率が最も低かったと報告されています。

このようにTMS治療は覚醒を和らげて、長期的に不眠に効果が期待できる可能性があります。

論文のご紹介

慢性原発性不眠症患者さんに対するTMS治療のRCTをご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

サマリー

本研究では、慢性的な原発性不眠症患者の治療における反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の有効性を評価した。

慢性原発性不眠症患者120名を、rTMS、薬物療法または心理療法の3つの試験群(各群n=40)へ無作為に割り付けた(後者2群はいずれも対照群)。

治療は2週間行われ、その後、各群において睡眠ポリグラフのパラメータ、Pittsburgh睡眠の質指数、HPA軸およびHPT軸の指標(血清コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン、高感度甲状腺刺激ホルモン、遊離T3および遊離T4)の変化に基づいて治療効果が評価された。

さらに、それぞれの治療後3カ月以内の再発・再燃率も測定した。

rTMS治療は、両対照群と比較して、III期睡眠およびREM睡眠サイクルを有意に改善した(p<0.05)。

さらに、rTMS治療群は、両対照群と比較して、HPA軸およびHPT軸の指標をより有利に改善した(p<0.05)。

また、再発率、再燃率もrTMS治療群が最も低かった。

結論として、rTMS治療は、睡眠構造を改善する上で、薬物療法および心理療法の両方よりも有利である。

さらに、rTMSは体の覚醒レベルを有意に低下させ、より長期的な治療効果が得られる。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年3月20日

初診の方は専用ダイヤルへ

初診は武蔵小杉こころみクリニックで
医師による診察を行います。

070-3103-7088

その他、お問い合わせは044-322-9381まで
お願いいたします。

月~日:9~13時、14時半~19時半
※土日18時まで 定休日:祝日