難治性うつ病患者に対するクラスター化メンテナンスrTMSの非盲検試験

こちらの論文は、

のページに引用しています。

メンテナンスTMSは再発予防効果があるかもしれない

こちらの論文は、クラスター化メンテナンスrTMSが再発予防効果が期待できることを示唆した臨床研究になります。

メンテナンスTMS治療の再発予防への効果を検証するために、試験的に行ってみた研究になります。

こちらで効果が期待できたため、大規模なRCTが行われて再発予防効果が示されました。

こちらの論文には、メンテナンスTMS治療のプロトコールとして、クラスターという方法をとった根拠が示されています。

3~5日に集中して行うことで、スケジュールを忘れずに治療が行えると考えてこのプロトコールがとられました。

どのようなプロトコールが最適かは今後の研究が待たれますが、週に1回や2週間に1回などで行っていくことが多いです。

しっかりと通院ができるのでしたら、十分な再発予防効果が期待できると考えられています。

論文のご紹介

メンテナンスTMS治療の効果についての論文をご紹介します。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

アブストラクト

反復経頭蓋磁気刺激治療(rTMS)の抗うつ効果は繰り返し実証されているが、治療に反応した患者の再発防止のためにrTMSを使用することについては、ほとんど研究されていない。

この問題を解決するために、新しい形のクラスター化メンテナンスrTMSの大規模な非盲検試験が実施された。

治療抵抗性うつ病の患者35名が対象となった。すべての患者は、うつ病に対する2コースのrTMS治療に反応していた。

2回目のrTMSを受けた後、月1回の維持セッション(2日間で5回のrTMS治療)を行うクラスター化メンテナンスrTMSを受けた。

再発までの期間と臨床的特徴について述べている。

試験期間中に25名の患者が再発し、平均治療期間は10.5±10.3ヵ月であった。

この期間は、維持療法を行わない最初の急性期治療後の安定期(3ヵ月未満)よりも大幅に長かった。

さらに10名の患者の内、4名は再発を経験することなく試験から離脱するまで維持療法を継続し(平均6.2±4.3ヵ月)、6名は試験終了まで維持療法を継続した(平均12.0±9.7ヵ月)。

予備的なものではあるが、本研究では、クラスター化メンテナンスrTMSが、rTMS治療の成功後の再発の発生を大幅に遅らせる可能性があることが示唆された。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、各クリニックでコンセプトをもち、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

医療法人社団こころみ採用サイト

また、当法人ではTMS診療の立ち上げ支援を行っており、参画医療機関には医療機器を協賛価格でご紹介が可能です。
ご興味ある医療者の見学を随時受け付けておりますので、気軽にお声かけください。

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

画像名の[sample]の部分に記事の名前を入れます

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2021年9月23日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

勝負が決まる場面で思うようなプレーができず、悔しい思いをしたアスリートの方もおられるのではないでしょうか。 競技中に手がふるえたり、動かなくなってしまったりして、いつも通りのプレーができなくなってしまうことがあります。 … 続きを読む スポーツ選手を悩ますイップスの症状とは?薬に頼らない治療法についても解説

投稿日:

【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

目次 東京でのTMS治療 東京で安心できるTMSクリニック5選 東京でTMS治療を受けられるその他の16医療機関 TMS治療クリニックの選び方 東京横浜TMSクリニックについて 感染対策について 東京でのTMS治療 うつ… 続きを読む 【2023年11月最新】東京のTMS治療クリニック24院!見極めポイントを精神科医が詳しく解説

投稿日:

コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

臨床研究の概要 医療法人社団こころみ東京横浜TMSクリニックは、「コロナ後遺症に伴う不安抑うつ・認知機能障害に対する新規経頭蓋刺激療法(rTMS)による治療法開発に向けた多施設共同試験」を実施いたします。 新型コロナウイ… 続きを読む コロナ後遺症に対し新規経頭蓋磁気刺激法(rTMS)による治療開発 ~多施設共同ランダム化プラセボ対象比較試験の開始~

投稿日:

人気記事

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します… 続きを読む 子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説

投稿日:

精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

「車がないと会社に通勤できない」 「仕事で車を運転する必要がある」 「生活するうえで、車がないと困る」 日常生活の中で、車の運転が必須になっている方もいるでしょう。 それは、精神疾患の治療をしている患者さんも同じです。お… 続きを読む 精神疾患のお薬を服用しながら運転はできる?お薬に頼らない治療法も紹介

投稿日:

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

「燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん)」とは、その名の通り、それまでの意欲や熱意がまるで燃え尽きたように消失してしまう状態のことです。 もともとは意欲があった人が、突然やる気を失う。いきなりの変化に「あんなに熱意があ… 続きを読む 「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは?なりやすい人や治療法を解説

投稿日: