クラスター化反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)によるうつ病の再発・再燃予防:ランダム化比較試験

こちらの論文は、

のページに引用しています。

TMS治療は薬より再発予防効果あり

こちらの論文は、TMS治療と薬物療法、その併用での再発予防効果を調べたRCTになります。

6か月の薬物療法で、寛解もしくは部分寛解という形で治療反応が認められた患者さんに対して、お薬のみ、TMSのみ、お薬とTMS併用の3群にランダムで分け、12か月追った研究になります。

rTMS療法の実施方法としては、クラスターという形で3~5日にまとめて5~10回のセッションを行っています。

維持療法のために最適なTMSプロトコールは判明していませんが、このように集中的に計画することでアドヒアランスが高まることを根拠に、クラスター化させたプロトコールとなっています。(忘れずに治療に受けやすくなる)

結果としては、薬とTMS併用15.9%、TMSのみ24.2%、薬のみ44.4%となりました。

特に初発のうつ病の場合には、TMS治療が薬物療法よりも再発率が低かったという結果となっています。

このようにTMS治療は、再発予防として薬物療法よりもメリットがあると考えられます。

そして再発例では、抗うつ剤との併用が望ましいといえます。

論文のご紹介

rTMSの薬物療法と比較した再発予防のエビデンスを示した論文になります。

英語原文は、こちら(Pub Med)をご覧ください。以下、日本語に翻訳して引用させていただきます。

アブストラクト

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)は、うつ病の再発を予防する可能性がある。

この評価者盲検ランダム化対照試験は、うつ病の再発・再燃防止における単剤および併用療法としてのrTMSの有効性と安全性を評価するために企画された。

6カ月間の抗うつ薬(ADP)による導入治療で安定した完全寛解または部分寛解を達成した計281名のうつ病患者を、12カ月間、rTMS(n=91)、ADP(n=108)、または併用(rTMS+ADP、n=82)の治療群に無作為に割り付けた。

月1回のクラスター化rTMSは、3~5日の期間に5~10セッションで実施された。

維持療法の成果は、再発・再燃までの期間と再発・再燃率で評価した。

全体では71.2%(200/281人)の参加者がプロトコル通りの治療を完了した。

rTMS+ADPとrTMSはADPと比較して再発・再燃のリスクを有意に減少させ(P=0.000)、ハザード比はそれぞれ0.297と0.466だった。

rTMSを含むレジメンはいずれも、ADPに比べて再発・再燃率が有意に低かった(15.9%および24.2% vs. 44.4%、P<0.001)。

再発・再燃サブグループでは、初発うつ病の場合、rTMS投与患者はADP投与患者に比べて再発・再燃率が顕著に低かった。

ADPを含むレジメンでは5名の患者が急性躁病を発症したが、rTMS単独では1名も発症しなかった。

rTMSを含むレジメンでは、ADP投与群に比べて特定の副作用がかなり多かった。

結論として、TMSは、単独療法であれ、追加療法であれ、特に初発うつ病患者のうつ病の再発・再燃を予防する上で、抗うつ薬よりも優れていると考えられる。

この治療法は躁転のリスクを増加させないが、特定の副作用のリスクを増加させる可能性がある。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2021年9月23日